ライター : 調理師/mau_naka

調理師

フードスペシャリスト/ふぐ取扱登録者/発酵食品マイスター/発酵食健康アドバイザー/漢方コーディネーター/薬膳調整師。やんちゃな男の子ふたりを育てながらも大好きな料理に関する追及…もっとみる

クラッシュアイスでカクテルを本格的に◎

クラッシュアイスとは

ファーストフードのアイスドリンクに使われていたり、おしゃれなカクテルに入っていたりする、ひと粒1cm角程度の氷をクラッシュアイスと言います。噛むとボロボロと砕ける氷はドリンクと一緒に口に頬張るのが好きな方のいらっしゃるのでは?ドリンク以外にも、お刺身の下に敷いたり、スーパーで要冷凍のものを持ち帰る時にも使われたりしますよ。

どんなドリンクに使う?

クラッシュアイスは小粒で氷の表面積が大きいので、ものを早く冷却することができます。この効果を利用して冷たいドリンクをすぐ作れるのですが、氷が溶けるのも早いのでドリンクが薄まってしまうという面も。 このことからも、クラッシュアイスは短い時間で飲み切るドリンクに入れるのが向いており、逆に長い時間をかけていただくロングカクテルなどへの使用は、あまりおすすめできません。

クラッシュアイスはどうやって作る?

叩いて砕く

クラッシュアイスは、製氷機で作った氷やお店で買ってきたかち割り氷を、ハンマーや金づちで叩いて砕くことで簡単に作ることができます。飛び散りには注意が必要ですが、家庭にあるものだけで作ることができるので、特別な道具を用意しなくてもよく手軽なのがメリットです。

フードプロセッサーを使う

フードプロセッサーを使う方法もおすすめです。氷が飛び散ることもなくボタンひとつで作ることができますし、なにより安全ですよね。非力な女性にとってもうれしいアイテムです。ただしすべてのフードプロセッサーが氷を砕くことができるわけではなく、対応していないもので行うと刃がかけてしまう場合もあるので注意してください。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS