ライター : goofy_2s

栄養士 / フードスペシャリスト

スイーツもジャンクフードも大好きだからこそ、毎日のお料理は、できるだけ砂糖、塩分、添加物を控えめに。「よりナチュラルで体が喜びそうな、おいしく簡単な食事を」と、心がけていま…もっとみる

キャンプの朝ご飯、どんなものが向いている?

食材の管理~片付けまで、スムーズにできるもの

チェックアウト・お片付け・アクティビティなど、さまざまな予定が詰まっていることもあるキャンプ泊の次の日。できることなら朝食は簡単なものを選びたいですよね。洗い物や食材の保存方法も気にしなくていいものなら、なおGoodです。

少ない品数でも、おなかがいっぱいになるもの

簡単なメニューとはいっても、ひと品で満腹感が得られることも大切。そのあとの活動を考えてエネルギーのもとになる主食・たんぱく質も食べられること、お野菜やフルーツでビタミン・ミネラルなどがとれることも考えておきたいところです。

熱源の選び方にも注意

キャンプ場によっては火が完全に消えるまで帰れないこともあり、炭の種類によっては2時間くらいかかってしまうこともあります。各自で熱源の調達が必要なキャンプ場で、チェックアウトまでの時間が少ないときは、バーナーを選ぶと安心です。シングル・ツイン・トリプル……と、使う人数や用途でタイプを決めましょう。

大人数のキャンプでも作りやすい♪パンを使ったレシピ5選

1. お助けポイントがたくさん「ハムチーズのサンドイッチ」

定番のハムチーズにレタス・トマト・キュウリをたっぷり挟んだ、ボリューミーでおしゃれなサンドイッチです。火を使わず洗い物も少なくて済むため、どんなに大人数でも対応しやすいのも助かります。ラップを巻いたまま食べられるのも、アウトドアにピッタリです。

2. キャンプ仕様で特別感♪「ホットドッグ」

キャンプの朝食の定番でもあるホットドッグですが、こちらはアルミホイルで包んだものを牛乳パックに入れて蒸し焼きにする、別名「カートンドッグ」の作り方です。レシピ中では焚き火のなかに放り込んでいますが、斜めに立てかけたものにライターで火を付けるだけでも作れます。お野菜をサンドするなら、キャベツや辛みを抜いた玉ねぎが合いますよ。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS