「ホイッパー」おすすめ7選♪ タイプ別の特徴や選び方も

お菓子作りには欠かせないホイッパー。生クリームの泡立てや材料の撹拌など、いろんな場面で登場します。ホイッパーにこだわれば、お菓子作りがよりラクに楽しくなります。今回ははホイッパーの種類や選び方、おすすめのホイッパーをご紹介します♪

2018年4月10日 更新

ホイッパーにも種類がある!特徴を知ろう

ノーマルタイプ

もっとも一般的な、ワイヤーを交差させて束ねたものです。キッチン用品コーナーにはもちろん、100円ショップにも置かれていて、手に入れやすいタイプのホイッパーになっています。

お菓子作りにはもちろん、お料理にも日常的に使えます。ワイヤーの本数や素材、サイズもさまざまなので、どんな用途で使いたいかによって選ぶとよいですよ。

スプリングタイプ

金属のスプリングが素材に空気を含ませて泡立ててくれるタイプのホイッパーです。生地がきめ細かく仕上がるのが特徴で、泡立て時間も比較的短く済みます。大きさもノーマルタイプに比べるとコンパクトで、収納の場所を取らないのもよいところ。

グリップ部分は金属ワイヤーがコイル状になっているものも多く、若干の握りづらさがある場合があります。

ワイヤーボール

ノーマルタイプのホイッパーの中に、ワイヤー製のボールが仕込まれているタイプです。中に入ったワイヤーボールがきめ細かく、多くの気泡を作ってくれるのに役立ち、スピーディーに泡立てることができますよ。

ワイヤーボールがある分、泡立ての際に出る音は大きめですが、その分短時間で済むということもあります。

ハンドミキサー

電動でアタッチメントを回し、材料を泡立てるハンドミキサー。最大の魅力はなんといっても腕を動かす必要がないというラクさですね。段階調節ができるものも多く、材料や作り方によってパワーを変えることもできます。

電源がない場所では使えないことや、コンセントの長さの制約などはありますが、それがクリアできれば一家に一台あると便利です。

自分に合ったホイッパーはどう選ぶ?

1 / 3
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

uni0426

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう