そろそろ器にこだわりたい…!焼き物の種類と見わけ方

近年人気を集めている焼き物ですが、どれもお洒落なデザインなので見分けることは難しく、焼き物の種類にはこだわってない人も多いはず。しかし、焼き物にはそれぞれ種類や特徴があってその個性は様々。今回そんな7つの焼き物の種類と特徴をご紹介します。

2018年5月22日 更新

波佐見焼のブランド「HASAMI(はさみ)」

波佐見焼で大人気のブランドの一つ、HASAMIはお店で見かけたことがある人も多いのではないでしょうか?

洗練された使い勝手の良い形とデザインは、キッチンにも食卓にも馴染むこと間違いなしです♪

3. 九谷焼

九谷焼きは石川県南部の南加賀が発祥と言われています。呉須(ごす)とよばれる黒色で線描きをして、五彩とよばれる、赤・黄・緑・紫・紺青の5色での絵の具を厚く盛り上げて塗る彩法が特徴。

絵柄は、山水、花鳥が描かれており、力強い印象があります。

九谷焼の作家 徳永遊心さん

徳永遊心さんの食器は、「テーブルにあると食卓がとっても華やかになる!」と女性から大人気。自然やお花、果物などがモチーフになっているため、絵付けはとってもかわいく仕上がっています。

持っているだけで、ハッピーな気分になれそうですよね♪

4. 伊賀焼

伊賀焼は、三重県伊賀市周辺で作られています。高い耐火性を持つことから、土鍋や耐熱食器などにも向いている陶器として有名なのだそう。

高温で焼かれることにより生まれるビードロ釉と呼ばれるガラス質と、赤く引き締まった素朴で力強い肌が特徴です。
2 / 4

特集

FEATURE CONTENTS