最近見かけない?英国老舗食器ブランド「ミントン」について

ミントンのティーカップやプレートを持っていらっしゃる方は多いと思います。プレゼントの定番として、百貨店の食器売り場には必ずティーセットが並んでいましたが、最近ではあまり見かけなくなりました。英国の伝統ある陶磁器メーカーについて調べました。

2018年4月20日 更新

老舗メーカー「ミントン」

ミントンは、1793年銅版彫刻師だったトーマス・ミントンによって創業された陶磁器メーカー。1851年のロンドン万博で「世界で最も美しいボーンチャイナ」と称賛され、その後英国王室御用達となった洋食器ブランドです。なかでもハドンホール城の壁に掛けられていたタペストリーのモチーフをデザインした「ハドンホール」は、ベストセラーとなりミントンの定番品となりました。しかし、1968年にロイヤルドルトンに吸収され、2005年にはウォーターフォード・ウェッジウッドの傘下に入りました。

ミントンといえば「ハドンホール」!

1948年に発表されて以来、ミントンのシンボリックなデザインとなった「ハドンホール」。このデザインは、イギリスの古城ハドンホール城にかけられていたタペストリーにインスパイアされて作られたもので、パッションフラワーやパンジーなどの花々が12色もの絵の具を使って贅沢に描かれています。同時期にデザインされつつ採用とならなかった「ハドンホールブルー」もミントン社200周年となる1993年に記念復刻され、以後「ハドンホール」と並ぶベストセラーとなりました。

一度は使いたい♪「ミントン」のおすすめ商品5選

1. 英国風アフタヌーンティーを楽しむなら「ハドン ホール ティーカップ&ソーサー」

ミントン入門編として購入するなら、ティーカップ&ソーサーがおすすめです。おいしい紅茶とお菓子で、本格的な英国式アフタヌーンティーを楽しんでみてはいかがでしょう。華やかなカップで紅茶の味もグレードアップしますよ。

2. 料理が映える美しさ「ハドンホール 27cmプレート」

現在では貴重なMADE IN ENGLANDのプレートは、お料理はもちろんのこと、ホールケーキを置くのに最適です。シンプルなケーキも、美しい花柄のプレートで引き立ちますので、ホームパーティーにいかがでしょう。
1 / 3
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

leiamama

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう