ドライフルーツのヨーグルト漬けアレンジレシピ10選!サンドイッチも美味♪

風邪に負けないからだ作りに、乳酸菌たっぷりのヨーグルトと、食物繊維が豊富なドライフルーツの組み合わせは最高のコンビ!最近、ドライフルーツをヨーグルトに漬け込んでもどす食べ方が話題になっています。とっておきのアレンジレシピをご紹介しましょう。

2018年10月24日 更新

ヨーグルトで!ドライフルーツの戻し方

今話題のヨーグルトに漬け込むタイプのドライフルーツの戻し方を説明しましょう。

1. まずフタつきの容器に、ヨーグルトがまんべんなくからむくらいまでドライフルーツを入れます。
2. それから、ヨーグルトとドライフルーツがよ~くからむように箸で混ぜます。(ビニール袋に入れてよくもんで混ぜるの方法もアリです。)
3. あとは容器にフタをして、冷蔵庫で約8時間寝かせればできがり!

乾燥していたフルーツがヨーグルトの水分を吸って柔らかくなり、ヨーグルトはほどよく水分が抜けてトロトロに。相乗効果でおいしさがアップするんです♪

ドライフルーツたっぷりヨーグルトレシピ5選

1. ドライフルーツのヨーグルト漬け

朝ごはんにおすすめなのが、シンプルなドライフルーツのヨーグルト漬けです。寝る前にお好みのドライフルーツをヨーグルトに漬け込んで、冷蔵庫に入れておくだけ。時間がないときはこれだけでもOKですが、グラノーラを入れればボリュームもアップします。
超簡単なのに、栄養もあって朝の目覚めにぴったり!

2. レーズンのフローズンヨーグルト

夕食後にフローズンデザートはいかがでしょう?

あらかじめレーズンにレモン汁をかけてふやかしておけば、あとはヨーグルト、シナモン、ハチミツを入れ、冷凍庫で冷やしながら途中3~4回かき混ぜるだけ。脂っこいお肉料理を食べた後など、お口の中をさっぱりさせてくれますよ。

3. あったかおやつ♪りんごのヨーグルトグラタン

材料を混ぜたら、耐熱皿に入れてトースターやオーブンで焦げ目がつくまで焼くだけです。レーズンだけでなく、お好きなドライフルーツを入れてくださいね。ラム酒やシナモンなどのスパイスを加えると大人の香りがお部屋に漂います。

寒い季節に食べたい、あったかおやつです。

4. ドライフルーツのチーズテリーヌ

ドライフルーツとヨーグルトにクリームチーズを加えれば、赤ワインに合うオードブルもできますよ。材料をよく混ぜたら、型に流して冷蔵庫で冷やし固めます。マンゴー、パイナップル、クランベリー、レーズンなど色々な種類のドライフルーツを使うと、華やかでインスタ映えするひと皿になります。

5. ドライマンゴーと苺のチアヨーグルトクリーム・スコップケーキ

ドライマンゴーとスーパーフードのチアシードを加えて作るヨーグルトは、ひと晩寝かせればもったりとしたクリーム状になります。ココアビスケットとフレッシュなイチゴをヨーグルトクリームと交互に挟めば完成です。

加熱いらずで重ねるだけ♪フォトジェニックなスコップケーキはお子さんもよろこぶこと間違いなしです。
1 / 2

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

leiamama

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう