生カリフラワーのおすすめレシピ15選♪【料理別】にご紹介!

みなさん、カリフラワーって生で食べられるの知っていますか?こりこりした食感は、まさに野菜界で言う数の子!このおいしいカリフラワーの食感を利用して、サラダにしたり、マリネにしたりとどんどん活用していきましょう。今回は料理別レシピをご紹介します!

2018年2月15日 更新

カリフラワーは生でも食べられる!

カリフラワーを店頭で見かけても、なんとなくブロッコリーを手に取ってしまうことってありますよね。その理由は「色」なのではないでしょうか。

例えば、お弁当。お弁当に「緑」のお野菜を入れる時、火を通して入れられて、甘くておいしいブロッコリーは使いやすいですよね。そんな使い勝手の理由でどんどん敬遠されていったカリフラワーですが、実は生で食べるとめちゃくちゃおいしいのです!知ってましたか?こりこり、シャキシャキの歯ごたえを感じられて、まさに野菜の中での「数の子的存在」なのですよ!

生カリフラワーのサラダレシピ5選

おいしい食感を楽しめる、カリフラワーのサラダのレシピをご紹介します。ドレッシングがよくからみそうだから、さっと湯通してから使いたいな!という方は、湯通しの時間を最小限にとどめてくださいね。味がシンプルなので、甘味のあるドレッシングや、フルーツと組み合わせて食べるととてもおいしいですよ。

1. 生カリフラワーのハニーマスタードソース

はちみつとマスタード、そしてレーズンなどを組み合わせていくレシピです。甘味のある調味料や素材を中心にカリフラワーと和えていき、マスタードの酸味が程よいアクセントになっています。カリフラワーの食感を邪魔しないような仕上がりになっているので、こりこりした食感を最後まで堪能できそうです。

2. 生カリフラワーとくるみのサラダ

りんごや胡桃をカリフラワーと和えて、レモンとはちみつのドレッシングでさっと和えます。さわやかなレモンの香りと、りんごやカリフラワーの味の相性は抜群!胡桃もよいアクセントになりそうですね。サンドイッチの日に、副菜として食卓やお弁当のすてきなお供になりそうですね。
1 / 5

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

koku_koku

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう