2. 火にかける〜加圧

次に、鍋を強火にかけます。密閉した状態で加熱することで圧力がかかるのです。圧力がかかると水の沸点が上昇し、100℃という沸点を超えて高温の熱を加えることができます。高い熱と圧力により、タンパク質や繊維が分解されやすくなり、食材がやわらかく仕上がるのです。加圧スタートとともに、弱火にします。

3. 放置

加圧が終わったら、火を止めてそのまま置いておきます。この自然放置と呼ばれる時間にも予熱で調理が進行しているのですよ。蒸らし時間の記載があれば、タイマーで蒸らし時間をセットして放置しておきましょう。

使用前にここをチェック!

ここでは、圧力鍋で調理するうえで気をつけなければいけないポイントをご紹介します。使用前に必ずチェックしましょう。

1. 具材の量

最初にご紹介するチェックポイントは、鍋に入れる具材の量です。調理できる量は鍋の2/3までです。蒸気穴がふさがれ、圧力調整ができなくなる可能性があるので、ギリギリまで具材を入れるのは厳禁ですよ。

2. 調理する食材について

加圧調理してはいけない主な材料は、重曹、多量の油・酒、カレーやシチューなどの粘性の高いものです。さらに、泡だったり、膨らんだりするものに関しても、ノズルをふさぐ恐れがあるので注意が必要ですよ。 ここで勘違いしてはいけないのが、カレーやシチューを作れないわけではない、ということ。ルーを入れた状態で圧力をかけてはいけないだけで、水で野菜や肉を煮る段階では圧力調理は可能です。ルーを加えて煮るときは必ずふたをあけた状態でおこないましょう。

圧力鍋の使い方

Photos:5枚
牛スジカレー
豚の角煮
スパイス香るスペアリブ
さんまとごぼうの梅煮
一覧でみる
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ