1. 材料の下ごしらえ

鍋に入れる食材を用意します。お肉も野菜もすぐにやわらかくなるので、大きめのサイズに切っておきましょう。規定量の水や調味料などと一緒に鍋に放り込んでください。カレーなどのルーはこのとき絶対に入れないように注意してくださいね。圧力に鍋が耐え切れず、ふたが吹っ飛ぶ危険性がありますよ。 また、具材を入れるときは最大調理量を超えていないか必ず確認しましょう。ほとんどの圧力鍋には、鍋に最大量のラインが書かれていると思います。特に豆を調理する場合には鍋の1/3以下になるように調整しましょう。

2. 正しくふたをセット

具材を入れ終えたら、圧力鍋のふたを正しくセットします。ここできちんと閉まっていなければ事故の危険がありますので、きちんと確認しましょう。最近発売の圧力鍋であれば、きちんとふたをしめていないと、一定以上の圧力がかからない安全装置がついているので安心ですね。 ふたがしっかりしまっていることが確認出来たら、おもりをセット。蒸気口は、人がいない・人が通らない方向にしておいてくださいね。

3. 強火で加熱

正しくふたがセットできたら、おもりのダイヤルを好みの強さに設定します。圧力鍋の種類によって、おもりの設定方法は異なる場合がありますので、取扱説明書に従っておこないましょう。おもりの強さが設定できたら、圧力鍋を強火にかけて加熱します。加熱が始まったら、おもりのダイヤルは絶対に操作しないようにしましょう。 加熱が進むにつれ、ピンが上がってきます。これは、鍋に圧力がかかっていることを示しています。ロックピンが上がってしばらくすると、蒸気口から蒸気が勢いよく出てきます。この状態から、加圧スタートです。

4. 加圧後に火を消す・または弱火に

蒸気口から蒸気がでてきたことを確認したら、すぐに弱火に切り替えます。おもり式の圧力鍋なら、蒸気以外にもおもりの揺れで鍋に圧力がかかったことを知ることができますよ。レシピの加圧時間が0分の場合はここで火を消しましょう。弱火に切り替えてからが調理時間ですので、このタイミングでレシピにかいてある加圧時間にタイマーをセット。 加圧中、絶対にふたをあけようとしてはいけませんよ。非常に危険な行為です。また、おもり式の圧力鍋はおもりを絶対に外さないでくださいね。内容物が噴出し、やけどのリスクがあります。

5. 放置する

加圧時間終了を知らせるタイマーが鳴ったら火を止めてそのまま放置しましょう。火を止めたあとも、圧力鍋の中は圧力を保って調理を続けているのですよ。ピンが上がり、シューシューと音がなっているときは、絶対にふたを開けないようにしましょう。 火を消しているので、そこまで注意深く観察しておく必要はありません。洗い物などをしながら圧力が下がるのを待ちましょう。レシピに「蒸らし時間」の記載があるときは、この放置時間が蒸らし時間に当たりますので、タイマーで蒸らし時間をセットして自然放置しておくとよいでしょう。

6. ふたを開ける

シューシュー音もなくなり、完全にロックピンが下がったら、加圧が終わった合図。ロックピンが下がったことが確認できて、初めてふたをあけることができるのですよ。圧がかかっている状態なのにうっかりとあけてしまうことがないように注意しましょう。 カレーやシチューの場合は、ここでようやくルーを入れます。そのあとは、さっとひと煮立ちさせれば完成ですよ。
Photos:5枚
牛スジカレー
豚の角煮
スパイス香るスペアリブ
さんまとごぼうの梅煮
一覧でみる
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ