ライター : aaaharp

紅茶が好き。ライターとして、食だけでなくあらゆる分野のメディアで執筆しています。あちこちにアンテナを張っているので、暮らしに役立つ情報やトレンドをどんどんお届けしていきます。

圧力鍋選びでは4つのポイントをおさえよう

圧力鍋選びにはいくつかのポイントがあります。まず圧力鍋を初めて使ってみようと思う方のために、わかりやすく4点の注目ポイントを紹介していきましょう。圧力鍋であればどんなものでもいいというわけではありません。価格によっては機能面などに大きな違いがあることに注意してください。

圧力鍋とは?

その前に圧力鍋とはどんな調理器具なのか、簡単に説明しましょう。 圧力鍋は、鍋と蓋を密閉して熱を加えることで鍋の中に圧力を上げ、高温調理を可能にしてくれます。カレーや角煮などの煮物の煮込み時間が大幅に短縮できる優れものです。さらに、時間がかかるお米の炊飯も15分程度でできてしまうので驚きですよね。

1. 適した容量と大きさを知る

圧力鍋を選ぶ際、まずは大きさを確認しましょう。目安としては、家族の1人分を1Lとします。2人なら2L、3人なら3Lと単純計算できるので楽です。選び方にはまた違う考え方もあります。圧力鍋は圧力をかけるため鍋の大きさの1/3から2/3程度しか調理できないことが多いため、家族の人数プラス1Lとすることもあります。

2. 材質

アルミ

アルミ製の圧力鍋は、もっとも安価であることがメリットのひとつとして挙げられます。また、アルミの性質上熱伝導がよく、軽量で比較的扱いやすいというのもポイントです。 このように初心者にはうれしいメリットがある一方、鍋が汚れやすいというデメリットもあります。アルミの性質上、酸性にもアルカリ性にも弱く黒ずみやすいのが難点です。また、ほかの材質に比べて圧力が弱いということも挙げられます。

ステンレス

ステンレス製の圧力鍋は頑丈で圧力も高いのがメリットです。また、ステンレス製なのでIH対応の商品が多いということも挙げられます。 一方、ステンレスはアルミに比べて熱伝導が悪く、調理に時間がかかってしまいます。また、重いので扱いにくいというデメリットがあります。

多層構造

アルミ製、ステンレス製の両方のよさを取り入れてデメリットを克服したのが多重構造の圧力鍋です。アルミ、ステンレスの性質の利点をうまく活用し、ステンレスにアルミを圧着させることで、高圧力はそのままに、頑丈で劣化しにくく軽量にしています。 デメリットとしては、アルミ製、ステンレス製に比べて値が張るということです。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS