6. レモンと柚子のポン酢で湯豆腐鍋

柚子の絞り汁にレモン汁を加えると、香りが軽やかなポン酢ダレができます。若干洋風の香りのするたれで湯豆腐を食べるとさわやかさが加わり、いつもとは少し違い、よりさっぱりとした味わいになります。また、もみじおろしやゴマ、ねぎなど薬味を加えてもおいしいですよ!ぜひ、レモン入りポン酢も試してくださいね。

7. 梅ポン酢

醤油、柑橘果実の絞り汁にたたき梅やゴマなどの薬味食材を加えたたれです。ペースト状で豆腐に乗せながら食べると、すっぱおいしい梅の味がお口に広がります。隠し味にごま油も入っているので濃厚で、湯豆腐独特の大豆の香りと相性もばっちりです。こちらのレシピは常夜鍋のたれとして紹介されていますが、湯豆腐にもおすすめですよ!

その他のアレンジたれ3選

8. ピリ辛ゆず味噌だれ

味噌に唐辛子やねぎなど薬味たっぷり混ぜた味噌だれです。だし入りのみそを使っているので、豆腐にだしのうま味や柚子の香りも足すことができます。韓国風のみそだれで唐辛子の効果で体が温まりますし、ちょっといつもと違う湯豆腐を楽しめます。味噌と一緒に、さらしたねぎやゆずの皮を添えると、さらにおいしさ増し増しです!

9. フレッシュトマトの湯豆腐だれ

甘みの強い中玉のフレッシュトマトを使ったトマトだれです。いつもの湯豆腐を洋風のスタイルに変身させてはいかがですか?ワインともよく合いますので、前菜やおつまみにもなりますよ!こちら見た目は洋風ですがナンプラーが入ったアジアンテイストです。トマトの水分が多い場合は、他の調味料で味の調整をしてみて下さいね!

10. 和風カレーだれで煮込む湯豆腐

カレー粉を溶かしためんつゆに片栗粉でとろみをつけたカレー風味のたれです。肉や玉ねぎと一緒に豆腐を煮込んだら、アツアツでカレーの香りがたまらない湯豆腐が完成します。濃厚なカレーが豆腐に絡んで、食べ盛りのお子さんや男性にも喜んで食べていただける湯豆腐です。

湯豆腐をヘビロテにするたれアレンジ

いかがでしたか?これだけたれのアレンジがあれば「また湯豆腐?」はもう言わせませんよ!湯豆腐は簡単にできる料理ですので、ひと品足りない時や食卓が寂しい時には、ちょくちょく作りたいものです。たれで味とビジュアルを変えて、ヘビロテのおかずにしてくださいね!
▼湯豆腐以外も!たれと鍋のレシピ集めました♪

編集部のおすすめ