3. お酒にピッタリのピリ辛桜ユッケ

コチュジャンをベースとした甘辛ダレで桜肉を和えればできあがり。卵黄を崩して、絡めながらいただきます。日本酒や焼酎など、お好みのお酒と共にお召あがりください。これなら、馬肉が手に入れば簡単にお家でも作ることができますね。

4. 市販の馬肉のタレとにんにく!

九州ではメジャーな甘めのしょうゆに、にんにくや生姜を加えた馬刺し専用のタレ。このタレで和えて、にんにくと卵黄をトッピングすればできあがり!馬刺し専用のタレは、熊本市内のスーパーなど市販のものを購入することができますし、馬肉を扱うお店であれば通販でも購入が可能。卵黄を崩して、よくかき混ぜていただきましょう。

5. もも肉以外の部位でもOK

桜ユッケといえば、赤身のもも肉を使うのが主流ですが、こちらのレシピでは肩や胸など少し硬めの部位を使用。包丁で細かく叩いてユッケにしたひと品です。コチュジャン、ごま油、しょうゆ、砂糖などお好みの調味料と和えて、卵黄を落としていただきます。

赤身馬肉は通販でも購入OK!

ITEM

馬刺し 熊本 上赤身 株式会社利他フーズ

¥650

内容量:約50g

※2019年4月17日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
桜ユッケをご家庭で楽しむときは、新鮮な馬肉を使いましょう!こちらは馬肉の本場・熊本から真空パックで届くので、生の馬刺しとしても楽しめますよ。よく叩いてお好みのたれを合わせたら、卵黄をぽっとり落としてめしあがれ♪

ユッケは"桜肉"で決まり!

馬肉を使った桜ユッケについて、まとめてみましたがいかがでしたか?名前の由来については、真偽のほどは分かっていないようですが、昔から貴重なお肉として食べられていたようですね。 馬肉は、味がたんぱくでクセがないので、生肉は苦手という方でもおいしく食べていただけるのではないでしょうか。気軽に買うことができる食材なので、いつでも桜ユッケを楽しむことができますよ♪
▼馬肉が食べられるお店もたくさん♪
Photos:7枚
黒い皿に盛り付けた馬肉の盛り合わせ
黒い器に盛り付けた桜ユッケ
白い丸皿に盛り付けたタルタルで和えた洋風桜ユッケ
保存容器に入った青ネギと馬肉の桜ユッケ
湾曲した角皿に盛り付けたコチュジャンだれの桜ユッケ
丸皿に盛り付けた馬肉ユッケ
丸い小鉢に入った桜ユッケ
一覧でみる
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS