簡単可愛い♪アイシングクッキーの作り方&基本の絞り方【初心者向け】

作ってみたいけど難しそうなイメージのあるアイシング。実は、少ない材料でとても簡単にできるんです!そこで、今回は初心者さん向けのアイシングの作り方や模様の描き方、挑戦しやすい簡単かわいいデザイン5選などをご紹介します♪

かわいいアイシングを作ってみたい♪

9つのアイシングクッキー

Photo by yucchi

クッキーやカップケーキなどをデコレーションする「アイシング」はとてもかわいくてうっとりしてしまいますよね♪チャレンジしてみたいけど難しそう……と思っている方も多いのではないでしょうか?

そこで、今回は初心者さんでも簡単にできるアイシングの作り方や模様の描き方などをご紹介します。アイシングはラッピングもしやすく、日持ちするのでプレゼントにもおすすめです!少ない材料と家にある道具で作ることができるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

はじめに用意したいもの

必要なアイテム

・ボウル
アイシングを作るときに使用します。
・ハンドミキサー(なければ泡立て器)
アイシングを混ぜるときに使用します。
・丈夫なラッピング用ビニール袋かクッキングシート
アイシングを入れるコルネを作るときに使用します。クッキングシートで作る場合はテープがシートに貼り付かない可能性があるので、ホッチキスも用意しておくと便利です。
・テープ
コルネを作るときに使用します。
・小さめのお皿やカップ
作ったロイヤルアイシングを小分けにし、硬さの調節や色付けなどをするときに使います。
・つまようじ
アイシングを塗り広げたり、細かい部分を修正するときに使用します。

必要な材料

・粉糖
ロイヤルアイシングを作るときに使用します。粉糖には種類があり、アイシングに向いているのは「純粉糖」「コーンスターチ入り粉砂糖」「オリゴ糖入り粉砂糖」です。また、粉糖の中でも水に溶けにくく作られた「泣かない粉糖」はアイシングに向いていないので購入する際は注意してくださいね。
・卵白
ロイヤルアイシングを作るときに使用します。業務スーパーやネットで購入できる乾燥卵白でも代用することができます。
・食紅
アイシングに色を付けるときに使用します。アイシングには主にジェルタイプの食紅が使用されますが、スーパーで購入できる粉タイプのものでも色を付けることができます。粉タイプを使用する場合は、食紅を少量の水に溶かしてから使うと色ムラができにくいですよ♪
・アイシングしたいもの
クッキーやカップケーキなどデコレーションしたいものを用意してください。

ロイヤルアイシングの作り方

ロイヤルアイシングの完成図

Photo by yucchi

ロイヤルアイシングの基本的な作り方と色の付け方をご紹介します!材料2つでできてしまうので、とても簡単で初心者さんにもおすすめです!

アイシングは数滴の水ですぐに柔らかくなってしまうので、今回のレシピは硬めのアイシングができるようになっています。使うときは小分けにして水を数滴垂らし、好みの硬さにしてから使ってくださいね♪

また、アイシングは空気に触れるとすぐに固まってしまいます。使わないときはアイシングの表面にクッキングシートを張り付けるように乗せ、その上からボウルにラップをしておきましょう!

材料

卵白と粉糖の写真

Photo by yucchi

・粉糖  150g
・卵白  25g

作り方

1. 柔らかくなり過ぎたアイシングを調整したいときのために、10gほど別の容器に入れてとっておきます。
粉を分けておく写真

Photo by yucchi

2. 卵白をボウルに入れ、泡立て器で軽くほぐしておきます。
卵白をほぐす写真

Photo by yucchi

3. 卵白がほぐれたら、粉糖を全量ボウルに加えます。
※純粉糖を使用する際は、ダマになりやすいので粉ふるいでしっかりとふるってからボウルに加えてください。
粉糖を加えた写真

Photo by yucchi

4. ハンドミキサーでアイシングにツヤが出るまで混ぜます。ハンドミキサーがない場合は、泡立て器で代用してくださいね。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

yucchi

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう