4人家族で食費を節約するためには

4人家族で1ヶ月の食費を節約していくためには、どのような部分がポイントなのでしょうか。簡単で分かりやすい節約方法を紹介します。

自炊中心にする

食費を節約するためには、外食を減らし可能な限り自炊を中心にしましょう。自炊をする際はリーズナブルかつ日持ちする食材を選ぶことをおすすめします。また、火を通さずに食べられたり、短時間でできるレシピにすればその分電気代やガス代の節約にもつながります。 外食が続くと、料理だけでなくドリンク代もかさんでしまいます。また、その場の雰囲気でついついオーダーしすぎてしまうこともありますよね。自炊をしていれば昨日の残り物をアレンジしたり、余った分を翌日のお弁当にまわしたり冷凍してストックしておいたりと節約することもできます。

そのときの特売品で献立を決める

お買い物に出かけた際には、その時何が特売品として販売されているかをチェックしましょう。「今日はこれを作ろう!」と決めてそれに必要な材料を買うのも楽しいのですが、そうするとどうしても費用がかさんでしまいます。できるだけ特売品を中心に、献立を考えていくのも大切なポイント。食費の節約になるだけでなく、料理の腕もアップしますよ。 ただ、お肉やお野菜、お魚と特売品の中でもそれぞれのカテゴリをバランスよく取り入れながら献立を考えるましょう。そうすると、栄養のバランスもよくなり家計に優しい食事ができます。調味料に関しても、無添加や国産など極端にこだわると食費が高くなります。ある程度リーズナブルなものを使うことも検討しましょう。

目指せ食費3万円!節約買い物術

1ヶ月の食費を3万円に抑えるため、上手な買い物法を把握いきましょう。3万円を下回ると生活に余裕が生まれ、レジャー費を増やすこともできます。また、無駄使いをしない習慣が自然と身につき、気が付けば貯金が貯まっていた!というケースも期待できます。

食費用の財布を持つ

お給料をもらったら、まずは食費用の財布にお金を分けてしまうことをおすすめします。1ヶ月の食費3万円を目指すため、はじめに3万円を別のお財布に入れましょう。買い物に出かける際も、このお財布だけを持って出かけるようにします。細かく計算しながらお買い物をしたい場合は、スマホの計算機能を上手に活用しながら購入してみてください。ゲーム感覚で、ハマるとやみつきになりますよ。

買い物は週に一度だけ

食材の買い物に出かけるのは、よほどの事情がない限りは週に一度だけと決めてしまいましょう。また、買い物に出る際も、必ず一度の買い物で使う金額を決めると使いすぎを防げます。月の前半に厳しめの目標を立てて節約した方が、後半に足りなくなる事態を避けられ、心の余裕にもつながりますよ。 また、先ほど特売品をチェックとお伝えしましたが、安売りしているからといって、あまり使わない食材を大量に買い込んでしまうのはおすすめできません。安売りの誘惑に負けないメンタルも大切ですね。冷凍品に関しては、とても便利ですが割高なこともあります。自炊をする際は冷凍品を使うのではなく、極力新鮮な食材を使って節約料理を作りましょう。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS