さらにおいしく!干し芋の食べ方3選

1. あぶる

お芋のおいしさをダイレクトに楽しみたいときは、トースターやストーブであぶって食べましょう。外はカリッと、中はねっとりとした食感が楽しめます。そのまま食べるよりも甘みを感じられ、おいしさ倍増!あぶることでやわらかくなるので、固くなった干し芋にもおすすめの食べ方です。

2. バターで焼く

さつまいもとバターの相性はぴったりですよね。干し芋をバターで焼くとやわらかくなり、スイートポテトのような味わいに仕上がります。さらにメープルシロップやはちみつをかけたり、バニラアイスを添えたりすると、スイーツ感がアップ。塩をかけて、甘じょっぱくしてもいいですね。

3. チョコレートでコーティングする

干し芋を溶かしたチョコレートでコーティングするだけで、おしゃれなスイーツに大変身!さつまいもが好きなかたへ、バレンタインのプレゼントにもおすすめです。ビター、ミルク、ホワイトと種類を問わずに合いますよ。干し芋だけでは物足りないときにどうぞ!

干し芋を活用!人気のアレンジレシピ5選

1. 干し芋トースト

干し芋を細かくカットし、食パンの上にトッピングして焼いたひと品。干し芋と一緒にレーズンやチーズものせているので、いろいろな食感や風味を楽しめ、これひとつでも満足度の高いレシピです。バターのコクとシナモンの香りが、より干し芋の甘さを引き立ててくれます。

2. 干し芋と黒蜜きな粉のマフィン

ちょっとめずらしい、和風のマフィンです。黒蜜ときな粉を使っているので、干し芋と相性ばつぐん!食べごたえがあるので小腹が空いたときにもぴったり。マフィンなら持ち運びができるので、差し入れやおやつにもおすすめです。

3. りんごジャムと干し芋のパウンドケーキ

粗くきざんだ干し芋の食感が楽しいパウンドケーキのレシピです。ふかしたさつまいも入りのケーキも人気がありますが、より凝縮した味わいを楽しめますね。ふんわりと香るりんごジャムの風味もおしゃれです。ゴマや紅茶の茶葉を入れたアレンジもできそう♪

編集部のおすすめ