ライター : suncatch

食生活アドバイザー / パンシェルジュベーシック

大阪市在住、大学生と高校生の子をもつ主婦ライターです。育児中に長期入院生活を経験したことで、「おうちごはん」を作る楽しさ、頑張りすぎずに「おいしく味わう」ことの大切さを実感…もっとみる

大阪府民が教える「たこ焼き」の作り方

ふわとろでアツアツ、ソースの香りがたまらない「たこ焼き」は、大人から子供まで人気のおやつ。今やお祭りの屋台だけでなく、たこ焼き専門店も全国的に人気ですよね。 大阪府民の「たこ焼き愛」は有名ですが、ほとんどの家庭にたこ焼き器があり「夕食はたこ焼き!」なんてこともあるんですよ。 今回は、そんな本場大阪の「たこ焼き」の作り方と、コツをお教えします。変わり種具材やアレンジソース、リメイクレシピもご紹介しますので、みなさんも「たこ焼きマスター」になってくださいね!

大粒ふわふわ!たこ焼きのレシピ

Photo by suncatch

大阪の近所のたこ焼き屋さんや家庭で作る、基本のたこ焼きのレシピをご紹介します。青ネギ・紅ショウガ・天かすは、必須食材です。 焼き方のポイントをおさえれば、きれいな大粒のふわふわたこ焼きが作れますよ。マスターして、たこ焼きパーティーでアレンジを楽しみましょう。

材料(30~40個分)

Photo by suncatch

・薄力粉…130g ☆ベーキングパウダー(あれば)…小さじ1 ☆顆粒和風だしの素…小さじ2 ☆昆布茶の素…小さじ1 ・卵…1個 ・冷水…500ml ・たこ(1cm角)…100g ・紅ショウガ(みじん切り)…大さじ1 ・青ネギ(みじん切り)…大さじ4 ・天かす…大さじ6 ・たこ焼き用ソース、青のり、かつお節、マヨネーズ…お好みで

生地の作り方

1. 薄力粉と☆をボウルに入れ泡だて器で混ぜ、ダマをなくします。

Photo by suncatch

2. 冷水を数回に分けて注ぎ、粉を溶きます。

Photo by suncatch

3. 溶き卵を加えて混ぜ、生地のできあがり。(お好み焼きより水分が多いのでサラサラです。)置いていると小麦粉が沈んでくるので、使う前にお玉で軽く混ぜましょう。

Photo by suncatch

焼き方

1. たこ焼き用ホットプレートを200℃に設定し、サラダ油(分量外)を全体にしっかり塗ります。写真のように鉄板の場合は、中火にします。

Photo by suncatch

2. ホットプレートが十分熱くなれば、お玉で生地を溢れるくらい流し入れます。ジュッと音がすればOK。

Photo by suncatch

3. たこをひと粒ずつ入れ、ショウガ・青ネギ・天かすの順で全体に散らします。

Photo by suncatch

返し方

1. たこ焼きピンで、はみ出している生地の間にすじを入れ、切り離します。

Photo by suncatch

2. ピンをみぞの淵から斜めに差し込み、淵にそってピンを右回りに回転してひっくり返します。スルッと返らないときは、触らずにしばらく待ちましょう。

Photo by suncatch

3. はみ出た部分を、溝の中に押し入れます。きれいに収まっていなくても、あとで形が整うので大丈夫ですよ。ホットプレートや鉄板の火力が強い場合は弱めます。

Photo by suncatch

特集

FEATURE CONTENTS