やっぱりおかずも!パエリアと食べたいお肉レシピ5選

11. ポークソテー

スペインではパエリアの付け合わせとしてポークソテーがよく出てきます。豚肉ソテーのソースには、家庭で飲んで残った赤ワインが使われることが多いそうですよ。赤ワインを使用することでお肉がやわらかくなり、コクもアップ!赤ワインは豚肉の旨さを後押ししてくれます。

12. 洋風ミートボール

スペインの肉団子「albóndigas(アルボンディガス)」です。コーンが入ることで甘みも増し、見た目も華やかに!お弁当のおかずにもぴったりの、みんなに愛されるメニューです。なかからとろけ出すチーズは絶品。魚介の旨みが凝縮されたパエリアとの相性もバツグン!お弁当のおかずとしてもおすすめです。

13. ベーコンのポトフ

スペインではポトフのことをコシードと言います。なかでもマドリッド地方で親しまれているものは「マドリッド風コシード」というのだとか。ベーコンの旨みに玉ねぎやトマトなどの野菜の甘みが凝縮されたやさしい味わいのポトフは、パエリアとの相性も抜群!からだの芯からポカポカと温まり、野菜もたっぷり摂れる優秀レシピです。

14. 牛肉のビール煮込み

スペインでは闘牛の文化があるので、闘牛が終わった後の牛肉をじっくりとビールやシェリー酒で煮込んだ料理があります。ビールで煮込むことでお肉がほろっと崩れる柔らかい食感になり、旨みも引き出されます。これとパエリアの組合せはとても豪華なレシピになることでしょう!からだもポカポカと温まります。

15. 鶏手羽の塩焼き

スペインでも鶏手羽を焼いたものが家庭で出てきます。メインディッシュとしてかぶりつく姿は世界共通です。こちらのレシピではオリーブオイルで焼き、塩でシンプルに仕上げてい流ので、パエリアの良い引き立て役になってくれますよ。現地では岩塩やトリュフ塩が使われることも。お好みでガーリックソルトやハーブソルトに変えてみてもいいですね。

パエリアだけはものたりない♪

いかがでしたか。味付けもアレンジ次第では何通りにも増やせるので、これであなたも明日からパエリアを作るときの献立に迷わないですよ。まるで、気分はスペイン人♪ラテンな雰囲気を演出して、パエリアを囲んだ食事を楽しんでくださいね。
▼パエリアのおいしい食べ方をご紹介!
▼食後のおやつにいかがでしょうか?

特集

FEATURE CONTENTS