お銚子と同じだっけ…徳利(とっくり)とは?正しい使い方と漢字も解説

日本酒を入れる徳利(とっくり)ですが、徳利とはお銚子とは違いのでしょうか?漢字もちょっと変わっていますよね?今回は徳利とお銚子の違い、漢字の由来をご説明します。独特の形の徳利、実は使い方にマナーがあるんです。みなさんは正しく使えてましたか?

お銚子とは違う? 徳利とは

お銚子も徳利も、日本酒を飲む際に使用するものです。この2つにはどのような違いがあるかご存じですか?日本酒を飲む際には、お銚子と徳利のどちらを使えばよいのでしょう?

そもそも徳利とは?ここではお銚子と徳利の違いをはじめ、徳利の正しい使い方についてもご紹介します。徳利の意味や語源についてもご紹介。

実はふたつは同じもの

お銚子と徳利、呼び方は違いますが実は同じものなのです。

徳利は首の部分が細くくびれており、日本酒を入れる部分は膨らんでいます。注ぎ口に関しても工夫がなされており、日本酒を小さい猪口などに注ぐ際でもこぼれないようになっていますね。徳利もお銚子も、どちらもお酒を入れる形状の容器です。

呼び方が違うのはなぜ?

お銚子の由来

元々お銚子は、急須のような形をしていました。今でも婚礼の場での三々九度の時に見ますが、お酒をいれた漆塗りのあの入れ物がお銚子です。

一方徳利はもともと醤油や酢などの調味料入れとして使用され、当時は2升〜3升入れられる大きなものでした。お酒を入れる容器はお銚子が主流だったのですが、江戸時代頃、お酒を1~2合程度入れる小さな徳利が普及しはじめたことから、徳利からお酒をそそぐようになったといいます。

それまでのお銚子が日本酒を注ぐ入れ物だったことから、お銚子1本と注文した際でも徳利で出てくるようになったというわけなんですね。。

徳利の意味

徳利がなぜ「とっくり」と呼ばれるようになったのかについては、諸説あります。

注ぐ際にトクリ、トクリという音が出るからという説。ハングル語で酒壷を表したトックールに由来している説。見た目よりもたくさんの量が入るため、得をするとの意味から徳利になった説などあります。さまざまな説があり、確かなことは未詳です。

お銚子の語源

お銚子がこのようなネーミングなのは、千葉の銚子と何らかの関係があると思う方もいるでしょう。実際に、語源や由来を調べてみると千葉の銚子に関係しているようです。

もともと銚子という言葉は、利根川の河口の形をさしていたのだとか。そのため銚子口と呼ばれていたそうです。お酒を入れる容器として小さな注ぎ口を持つため、銚子口に見立てたといわれていますよ。

お酒は徳利に入れた方がいい?

お酒を飲む際には徳利に入れた方がおいしいのでしょうか?近年では、小さな瓶に入ったお酒も販売されており、そのまま飲む方もいるようですが、やはり徳利を使用するのがおすすめです。

日本酒とは、お酒の性質さらに温度差によって味わいが変わる飲み物です。丁寧に温めることにより、常温で味わう際とは違う美味しさを味わうことができます。温める際は瓶を使用するのではなく、徳利がおすすめ。徳利はお酒にむらなく熱が伝わり、全体をじんわり温めてくれます。日本酒の香りもあの独特な形にふんわり閉じ込められ、香りを楽しみながら飲むことができるそうです。

徳利の使い方

お酒を飲む際には、熱燗や冷酒で楽しむことになりますね。それぞれ、どのように徳利を扱えばよいのでしょうか?

熱燗

熱燗とは50度を目安に日本酒を温めたもの。熱燗で日本酒を飲む際は口に運んだ際の温度が50度だということを忘れずに。徳利で温める際は、もう少し高い温度まで温めます。

徳利を熱燗にする際は、湯煎が最もスタンダードです。大きなお鍋に水またはお湯を注ぎ、ここにお酒を入れた徳利を入れる方法です。こまめに温度を測るのは大変ですので、荒燗という方法がおすすめ。こちらの方法は、鍋に入れた水またはお湯をしっかりと沸かしてください。湯気が出るほど温まったところに、お酒を入れた徳利を入れましょう。このとき徳利はお鍋の中心部分に置くとよいですよ。

熱燗にする際には、徳利の中のお酒が膨張して、注ぎ口付近まで上がってきます。これを目安に鍋からあげましょう。

冷酒

冷酒用の徳利は、専用のものを使うと便利です。冷酒用の徳利を使用する際には容器にくぼみがあり、そこに氷を入れましょう。こうすることによって日本酒が薄まる心配が無く、冷たい状態で飲むことができますよ。

一般的な陶器の徳利を使用する場合、氷水を使用しましょう。ボールやお鍋にたっぷりの氷水を入れ、ここにお酒を注いだ徳利を置きます。お好みの温度まで冷えたところでいただきます。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう