【薄焼き卵で包む】もっちりえび団子の茶巾あんかけ

50 分

「もっちりえび団子の茶巾包み」のレシピと作り方を動画でご紹介します。はんぺん、えび、長芋を薄焼き卵でくるっと包んでほうれん草で結わえます。見た目も鮮やかな美しいひと品です。しょうがの効いたとろ〜り餡をかけて召し上がれ♪

ライター : 松井 麗

料理家 / フードコーディネーター

小さい頃からお菓子作りや料理が大好きで、小学生の時の自由研究では、手書きのレシピノートを作るほど。2016年からmacaroniの料理家として500を超えるレシピを開発。現在は広告案件の…もっとみる

材料

( 4個分)

下ごしらえ

・長芋は5mm角に切ります。
・むきえびは背わたをとり、細かく叩きます。
・ほうれん草は下茹でし、水気を絞ります。
・オクラは塩もみしてうぶ毛を取っておきます。

作り方

1

薄焼き卵を作ります。ボウルに卵、塩、砂糖を入れ、白身を切るようにかき混ぜます。

2

フライパンにサラダ油を引いて熱し、①の1/4量を流し込みます。フライパンを回して卵液を丸く広げたらフタをし、弱火で3分ほど蒸し焼きにします。表面が固まって手に卵が付かなければ、菜箸で端から優しく持ち上げ、クッキングシートの上に置きます。同様にあと3枚作ります。

3

ボウルにはんぺんをちぎり入れ、たたいたむきえびと長芋、塩こしょうを加えて粘りが出るまでこね、四等分にします。

4

薄焼き卵の中心に③を乗せ、茶巾の形になるように上下左右を内に折り、折り目が開かないよう茹でたほうれん草できつく結びます。

5

鍋にだし汁と☆の材料を入れ、ひと煮立ちしたら④とオクラ、むきえびを入れ、落し蓋をして弱中火で10分煮込みます。

6

茶巾、オクラ、むきえびをフライパンから取り出します。煮汁に水溶き片栗粉を入れて弱火で熱し、とろみがついたら、お皿に盛りつけた茶巾にかけて完成です。

コツ・ポイント

薄焼き卵は卵をしっかり溶いて、弱火でじっくり焼くとムラなくきれいな黄色に仕上がります。できたてのアツアツはもちろん、冷たくして食べても絶品!粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やしてみてくださいね♪
▼おもてなしにも!見た目から美しい華やかレシピをチェック!

特集

FEATURE CONTENTS