12. 双剣がトレードマークの「Meissen(マイセン)」

「マイセン」は西洋白磁の頂点に君臨するドイツの最高ブランドで、1710年にドレスデンにて王立ザクセン磁器工場が設立され、 硬質磁器製造の独占権が与えられたことが、 現在の国立マイセン磁器製作所の始まりになりました。贋作防止のための双剣ロゴがトレードマークです。

13. 世界に誇る日本製「Noritake(ノリタケ)」

「ノリタケ」は、1904年に創業した日本を代表する洋食器の名門ブランドで、ホテルやレストランを中心に世界中で愛用されています。長い伝統に裏づけされた高い技術と、繊細で優美な現代的なデザインが特徴です。

男性におすすめ!メンズライクなマグブランド3選

14. 単色カラーが特徴の「iittala TEEMA(イッタラ ティーマ)」

北欧食器のなかでも、この「ティーマ」のマグカップは定番中の定番です。シンプルなデザインで、直火以外はオーブンや電子レンジ、食器洗浄機での使用もOK。統一感のあるデザインのボウルやプレートも、セットでお揃いにしてみませんか?

15. 飽きのこない実用性が特徴の「HASAMI(ハサミ)」

「ハサミ」のネーミングは、道具の鋏(はさみ)からではなく、窯元の地名である長崎県波佐見町に由来します。 とてもシンプルなデザインで実用的。マグとポットの径が同じなので、スタッキング(積み重ね)が可能です。10種類も単色カラーがあるので、カラフルに見せる収納にするのもGoodですよ。

16. 美しいくて扱いやすい「COSTA NOVA(コスタノバ)」

ポルトガルの小さなリゾート地に由来するのが「コスタノバ」です。ブランドロゴには、その町並みと大西洋の波が表現されています。多くの工程が職人の手によって行われており、温かみのあるシンプルなデザインで、オーブンからフリーザー、電子レンジ、食洗機も使用可能なタフさも持ち合わせています。

あなたはどのブランドのマグカップを選ぶ?

いかがでしたか?お気に入りになりそうなブランドはありましたでしょうか。デザインやお値段だけでなく電子レンジや食洗機が使えるかどうかなど、製品によって機能性も異なりますので、購入前に公式サイトなどでよくスペックを確認すると安心ですね。 マグカップは日常的に使うものですから、お気に入りの品があれば、それだけで生活が少し楽しくなりますね。同じブランドでも多くのアイテムがありますので、お好みに合うものを探してみてください。 また、特有の質感で人気のホーローマグカップも、おすすめのひとつ。気になる方は、ぜひ下記のmacaroni記事をチェックしてみてはいかがでしょうか▼
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ