サクサク海苔でくるっ♪ LA発「寿司タコス」は日本でもヒット間違いなし!?

今アメリカで話題のハイブリッドフード「寿司タコス」はご存知でしょうか?揚げた海苔でお刺身はもちろん揚げ物までサンド!意外だけれどおいしそうな組み合わせで、人気を博しているようですよ。一体どのような料理なのか、人気の秘密に迫ります。

海苔で巻くタコスがアメリカで話題に!

「タコス」といえば、いわずもがなトルティーヤでお肉や野菜を挟んだ食べ物ですよね。実は今、海外でそんな常識を覆す新しいタコスが話題になっているのです。そのひとつがカナダで人気になった「アイスクリームタコス」。トルティーヤの代わりにワッフルコーンを使い、タコスそっくりに仕上げたアイスクリームです。
そして、いまアメリカで話題になっている進化系タコスは「寿司タコス」。こちらはどうやら、トルティーヤの代わりに揚げた海苔を使った、ハイブリットな食べ物のようですよ。今回は、カルフォルニアの人々を魅了してやまない「寿司タコス」の魅力から、驚きのトッピングまで詳しくご紹介します。

これが寿司タコス!

「寿司タコス」とは、海苔の天ぷらにお寿司の具材を挟んだ新しいファストフードです。見た目はタコスに近いですが、組み合わせ的に味は「天ぷら+お寿司」に近いのでしょうか?画像のように、お刺身、海苔、酢飯の組み合わせが基本スタイルの模様です。
トッピングの量はドーンとアメリカンサイズ!さすがは本場アメリカ、凄まじいボリューム感です。マグロやサーモンなどが贅沢に乗っていて、日本人から見てもとってもおいしそうですよね。
ほかにも揚げ物やサラダなど、トッピングはさまざま。ソースもスパイシーなものから、マヨネーズベースのまろやかなものまで取り揃えているようですよ。ソースがかかると、さらにタコスにそっくりですね。

カリフォルニア「ノリガミタコス」

寿司タコスを販売しているのは、カリフォルニアにある「ノリガミタコス(Norigami Tacos)」。フードトラックでの移動販売や、夜市などのイベントで出店販売しているお店です。

当時お寿司屋さんでアルバイトしていたシェフが、酔った勢いで冗談半分に作ったことからはじまったそうですが、すごい発想ですよね。お店の名前は日本の「海苔」と「折紙」からきているそうで、響きからは少し和のテイストを感じます。
肝心のイベントへの出店予定ですが、公式ホームページで告知しているようです。また、インスタグラムでもたまに居場所が告知されていますので、カリフォルニア旅行のご予定がある方はチェックしてみてはいかがでしょうか?

寿司の概念を超えたトッピング!

1. ミスタークラブ(Mr. Krabs)

ノリガミタコスの人気の秘密は、なんといっても寿司の概念を超えた新しいトッピング!人気商品である「ミスタークラブ(Mr. Krabs)」は、その名の通り甲羅ごとフライしたカニを丸ごと乗せた、豪快なひと品です。

「固くないの?」と思われるかもしれませんが、中華でもよく使われる「ソフトシェルクラブ」という脱皮したてのカニを使っているのでそのまま食べられるそうですよ。アジアンテイストでおいしそうですよね。

特集

SPECIAL CONTENTS