「むくみ」に有効な食材はこれだ!食べるだけで手軽にむくみ対策

女性が抱える永遠の悩み「むくみ」。男性と違い、筋肉量の少ない女性は常に「むくみ」に悩まされています。そんな女性が喜ぶ「むくみ」対策に摂取したい食べ物をご紹介します。むくみの原因も合わせてチェックしてみてくださいね。

女性を悩ませる「むくみ」

男性はあまり感じませんが、女性は敏感に日々気にしている「むくみ」。

立ち仕事の人などは一日で足がパンパンになってしまい、朝と夜で足の太さが全然違う!みたいなことはよく聞く話です。実際、足のサイズは一日で1サイズくらい大きくなってしまうので、靴は夜買った方がいいって話もあります。

では、そもそも何でむくむんでしょう?

むくみは水分

むくみとは、体の細胞内に水分がたまり、その箇所がむくんだ状態を言います。体内の血流循環がスムーズ行われないと、水分が溜まってむくみやすくなります。重力も手伝って、立ち仕事や一日中ずっと同じ姿勢が続く人は、特に足がむくみやすいのではないでしょうか。

むくみの原因とは?

血液の循環不良やリンパ液の停滞

むくみの原因として、まず第一に挙げられるのが「血行不良」と「リンパ液の停滞」です。

静脈には、余計な水分や老廃物を回収し排出する働きがあるのですが、この静脈の流れが悪くなってしまうと、それが正常におこなわれず、むくみの原因となります。

また、リンパ液には、静脈と同じように水分や老廃物を体外へ排出する役割があります。よってリンパ液の流れが滞ってしまうと、体内に余分なものが蓄積され、むくみとなるのです。

運動不足

先ほども書いたリンパ液なのですが、これは血液でいう心臓のように、ポンプの役割となるものがありません。では、どのようにして流れているのかというと、リンパ管のまわりにある筋肉が動いたとき、その動きに乗って流れるのです。

ここまで言ったらお気づきの方もいるかもしれませんが、運動不足で筋肉をあまり動かさないようになってしまうと、リンパ液がうまく流れなくなり、むくみの原因となります。一日中同じような姿勢で作業する人にむくむ方が多いのは、そのような理由があるからなんですね。

内臓疾患や甲状腺機能低下などの内分泌疾患

甲状腺機能低下などの内分泌疾患に罹患すると、体の中に水分がたまるようになります。水分は、先ほどから書いているとおり、むくみの原因のひとつ。体中の水分が排出されないとなると、足だけでなく、腕や顔など、さまざまな箇所がむくんできます。

これらのむくみは、かなり危険なものと言えます。顔全体がむくみ、まぶたが重く視界が狭くなったり、喉がむくんで声がうまく出せなくなったり……そのような方は、病院へ行って診察してもらうことをおすすめします。

アルコールの摂取

アルコールを摂取すると、血液内の水分が血管の外に出てきます。その外に出た水分がむくみの原因となるのですが、血中の水分量が減ると、脱水状態だと脳が認識し、喉が渇きます。そこでさらに水分を摂り、お酒を飲んで血液から水分が出ていき……となると、悪循環になってしまいますよね。

体温調節機能の低下

体温調節機能が低下するということは、体温が低くなってしまうということ。体が冷えると、血行が悪くなったり、筋肉が硬くなったりします。先にも書いたとおり、血行不良や運動不足によって筋肉の動きが鈍いとむくみの原因になるので、結果的に体温調節機能の低下はむくみにつながるのです。

冷え性の方や、基礎体温の低い方(低体温症の方)などは、きちんと体を温めるよう努めましょう。
ところで、「むくみを放っておくとどんどん足が太くなる」といったような話が都市伝説的に語られていますが、むくみを放っておくと、それどころじゃない深刻な病気になります……。

本当にコワイ…むくみ

むくみの原因として、心不全や腎不全さらには原発性アルドステロン症などの病気がかくれていることがあり、十分注意が必要です。

むくみやすい食べ物

まずは、食べるとむくみやすくなってしまう食べ物をご紹介します。

・梅干し
・ラーメン
・漬け物
・味噌汁
・かまぼこなどの、魚の練り製品
・ハムなどの加工品


などなど、ほかにもいろいろとあるのですが、これらの共通点がなんだか分かりますか?それは、塩分。塩分の高いものを摂取すると、脳が体内の塩分濃度を下げようと、水分を取り込むよう指示します。結果、体から余計な水分が出ていかなくなり、むくみとなるのです。

どんな食品でも、「しょっぱい」と感じるものを食べ過ぎてしまわないよう注意が必要です。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

tanukimaru

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう