ライター : ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも大好きです。母になっても好奇心を大切にしていきたいと常々思っています。みんながハッピーになれるグルメ情報が…もっとみる

食べ放題の英語は「バイキング」じゃない?

日本ではバイキングといえば、食べ放題のお店をイメージさせる言葉として定着しています。しかし海外で食べ放題を頼みたいときに、「バイキング」と伝えてもまったく意味が通じません。 外国の方にバイキングレストランなどと言っても、食べ放題という意味が通じず、いつまでもテーブルで待ちぼうけを食ってしまうことになります。

「食べ放題」を英語で言うと……

食べ放題という意味を表す英語表記は「All you can eat 」(オールユーキャンイート)になります。ここは食べ放題のレストランですよ、ということを教えるのであれば、「All you can eat restaurant」(オールユーキャンイートレストラン)になるでしょう。 日本で当たり前のように使われているバイキングやビュッフェという表現は、正しい意味ではありませんので間違えないようにしましょう。

ビュッフェは食べ放題?

近年では頻繁に使われるようになった「ビュフェ」という言葉。この言葉はたしかに食べ放題を表す意味も持っていますが、前述でご紹介した「All you can eat 」とはニュアンスが異なります。

「buffet」(ビュッフェ)とは

「buffet」というのは日本語でこそビュッフェと呼んでいますが、実際に英語で話をする際には"ヴァファイ"または"ブァフェイ"という発音になります。また、「buffet」の意味は自分でお皿を持ち、料理を取りに行くというスタイルを表すのです。 さらに「buffet」の場合、基本的に立食をするというスタイルを表現しているので、「All you can eat 」とは意味が異なります。

buffetを使った「食べ放題」の言い方

「buffet」を使って食べ放題を表すのであれば、場面に応じて使う必要があります。上記の通り「buffet」というのは立食を意味していますので、テーブルに着席し、食事をするような場面では使いません。 「buffet」という表現を使う場合、パーティーなどで「buffet party」と言えば、きちんと意味が通じます。 立食でなおかつ食べ放題の場合には「All you can eat buffet」(オールユーキャンイートヴァファイ)と表現することもあるでしょう。食べたいものを席で注文し、好きなだけ食べられる食べ放題とは意味が違いますので覚えておきましょう。

海外でバイキングを頼んだら危険!

「今夜は◯◯のレストランでバイキングを食べよう!」という会話は、日本の家庭では一般的に使われています。しかし、海外でバイキングと注文してしまうと危険なケースがあります。 それもそのはず、バイキングというのはもともと西ヨーロッパで「海賊」のことを表しているからです。
Photos:1枚
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS