バイキングもビュッフェも違う!食べ放題って英語でなんていう?

「食べ放題」のことを英語でビュッフェやバイキングといっても全く通じないこと、ご存じですか?英語で正しく伝えるには、どのような表現が最適なのでしょうか。しかも、「飲み放題」もフリードリンクではないらしいんです……。

食べ放題の英語、バイキングじゃない?

日本ではバイキングといえば、食べ放題のお店をイメージさせる言葉として定着しています。しかし海外で食べ放題を頼みたいときに、「バイキング」と伝えても全く意味が通じません。

外国の方にバイキングレストランなどと言っても、食べ放題という意味が通じませんので、いつまでもテーブルで待ちぼうけを食ってしまうことになります。英語で食べ放題を表すには、どのような表現が正しいのでしょうか?

食べ放題の英語表現について、そしてそもそも日本でバイキングと言われるようになった理由などを詳しくお話します。

「食べ放題」を英語で言うと……

食べ放題という意味を表す英語表記は「All you can eat 」(オールユーキャンイート)になります。ここは食べ放題のレストランですよ、ということを教えるのであれば、「All you can eat restaurant」(オールユーキャンイートレストラン)になるでしょう。

日本で当たり前のように使われているバイキングやビュッフェという表現は、正しい意味ではありませんので間違えないようにしましょう。

ビュッフェは食べ放題?

近年では頻繁に使われるようになった「ビュフェ」という言葉。この言葉はたしかに食べ放題を表す意味も持っていますが、前述でご紹介した「All you can eat 」とはニュアンスが異なります。

「buffet」(ビュッフェ)とは

「buffet」というのは日本語でこそビュッフェと呼んでいますが、実際に英語で話をする際には“ヴァファイ”または“ブァフェイ”という発音になります。また、「buffet」の意味は自分でお皿を持ち、料理を取りに行くというスタイルを表すのです。

さらに「buffet」の場合、基本的に立食をするというスタイルを表現しているので、「All you can eat 」とは意味が違うこともおわかりになるでしょう。

buffetを使った「食べ放題」の言い方

「buffet」を使って食べ放題を表すのであれば、場面に応じて使う必要があります。上記の通り「buffet」というのは立食を意味していますので、テーブルに着席し、食事をするような場面では使いません。

「buffet」という表現を使う場合、パーティーなどで「buffet party」と言えば、きちんと意味が通じます

立食でなおかつ食べ放題の場合には「All you can eat buffet」(オールユーキャンイートヴァファイ)と表現することもあるでしょう。食べたいものを席で注文し、好きなだけ食べられる食べ放題とは意味が違いますので覚えておきましょう。

海外でバイキングを頼んだら危険!

今夜は◯◯のレストランでバイキングを食べよう!という会話は、日本の家庭で一般的に使われています。しかし、海外に出た際にはバイキングと注文してしまうと危険なケースがあります。

様々な映画などでもバイキングという表現がありますが、それもそのはず、バイキングというのはもともと西ヨーロッパで「海賊」のことを表しているからです。

「Viking」(バイキング)とは

バイキングは上でお話したとおり海外では海賊のことを意味しています。そのため海外のレストランでバイキングと表現しても意味が通じず、お店のスタッフさんは不思議そうな顔を浮かべることになるでしょう。

確かにバイキングと言う言葉は様々な海賊映画などに用いられていますね。日本では当たり前のように使われている言葉でも、英語では全く違う意味になってしまうため下手をすれば自分自身が海賊だという意味に伝わってしまうことも懸念しなければなりません。

なんで食べ放題をバイキングっていうの?

日本では食べ放題をバイキングといいますが、これはどうしてなのでしょうか?もともと食べ放題のことをバイキングと言うようになったのは、スウェーデンのビュッフェ形式がモデルになっているようです。

昭和32年当時、旧帝国ホテルで支配人をされていた方がスウェーデン発祥のビュッフェ形式を知り、これを日本に取り入れようとしました。

その当時、ビュッフェ形式を表現する言葉は、「スモーガスボード」というもの。日本に取り入れる際に「スモーガスボード」というネーミングのままだと親しみにくい、覚えにくいといった理由があり、当時の支配人が同じ時期に世間で流行していた映画から、「バイキング」というネーミングを借用したのだそうです。

というのも、この映画では、食事シーンが非常に豪快なイメージを与え、とても印象的だったから。このイメージをもとに、豪快に食べられる食べ放題のレストランのことを「バイキングレストラン」と名づけたのです。

たくさん食べたい時のいろいろな言い方

食べ放題のように、様々なものが食べたい時には「All you can eat 」という表現ではなく、その他にもいくつかの表現方法があります。
それぞれについて記載します。


・おかわり自由
おかわり自由で好きなものを自由に取って食べられる、ということを表現する際には、「You can take anything you like from the buffet」(ユーキャンテイクエニシンユーライクフロムジヴァファイ)

・おかわりください
「Could I have some more ◯◯」(クダイハブサムモァ◯◯)

・新しい別の食器でおかわりください
「Could I have another ◯◯」(クダイハブァナザー◯◯)

◯◯にはそれぞれ食べたい物や飲みたい物か名称が入ります。

・ご飯食べ放題
おかずではなくご飯が食べ放題のお店の場合には「All you can eat rice」(オールユーキャンイートライス)

・大盛り
様々なお料理やご飯などの重りを伝える際には、エクストラという言葉を使います。「extra◯◯」と言う形で、◯◯の部分に大盛りにしたいメニューを加えてください。ご飯の大盛であれば「extra rice」(エクストラライス)といった表現になります。

飲み放題ってフリードリンクじゃないの!?

特集

SPECIAL CONTENTS