連載

サバをさっぱり食べるなら?『サバのみぞれ煮』ふっくら仕上げ♩

焼いても味噌煮にしてもおいしいサバ。でも、たまには他の食べ方も試してみてはいかがですか?オススメは、味噌煮よりもさっぱりとした味わいのみぞれ煮!調理の時にお酒を多めに使うことで、簡単に生臭さが抜けますよ。

さっぱりヘルシーな『サバのみぞれ煮』

サバといえば、スーパーで一年中見かける身近な魚ですね。

そのまま焼いて塩サバにしても良いし、甘い味噌煮にしてもおいしい。とても手頃で、おかずにもおつまみにも使える優秀な食材です。

でも、献立がマンネリ化してしまってはいませんか?今回は、そんなサバのいつもと違う食べ方、大根おろしでさっぱりと食べやすいみぞれ煮のご紹介です!

おいしく仕上げるコツは、多めのお酒で煮て臭みを抜くこと。大根おろしが落とし蓋代わりになるので、水分が飛びづらくパサパサにならないので、料理初心者さんにもオススメなレシピです。

『サバのみぞれ煮』のレシピ

分量(2人分)

サバ 2枚(2枚おろしを2枚)
大根 20cmほど
A すりおろし生姜 1片分
A 酒 200cc
A 醤油 大さじ2
A みりん 大さじ2
A 砂糖 小さじ1

作り方

①サバは表面に塩(分量外)をまんべんなく振り、5分ほど置いてくさみ抜きをする。
②時間が経ったら、キッチンペーパー等で水気を拭く。
③半分に切り分け、表面に切れ目を入れる。
④大根をおろし、軽く水気を絞る。
水気を切る量の目安は、ボウルに入れた時にゆるく握った形のまま留まるくらいです。
あまりきつく絞りすぎると、味付けが塩辛くなってしまうので注意。
⑤大根おろしとAの調味料を混ぜて、みぞれの汁を作る。
⑥鍋にみぞれ汁、サバを加えてひと煮立ちする。
⑦アルミホイル等で落し蓋をし、中火で10分ほど煮る。
⑧汁が半量程度になったら、味を見て火を止める。
調理器具や大根おろしの水分量によって、味の濃さに差がでます。味を見て水を足したり、塩を加えて微調整をしましょう。

みぞれをたっぷりかけてできあがり!

たっぷりのみぞれと刻みネギをかけたらできあがり。

みぞれがサバに蓋をしてくれるので、仕上がりはふっくら!酒を多めに加えることで、臭みもなく良い香りになります。

くせもなく、さっぱりとおいしくいただけます。でき立ての温かいものはもちろん、冷えたみぞれ煮も意外と美味ですよ!

和食の定番のみぞれ煮。やっぱり、ビールや日本酒と合わせてしっぽりといただきたいですね。たっぷりのおろしをのせて、ぜひお召し上がりを!

特集

SPECIAL CONTENTS