ケーキの号数の直径は?人数の目安は?ケーキの疑問、これで解決!

誕生日やクリスマス、大切な日に欠かせないケーキ。ですが、号数で言われるとどれぐらいの大きさなのか想像しにくいですよね。号数によって何人前など決まっているのでしょうか。ケーキの種類によって違いはあるのでしょうか。そんな疑問をまとめてみました。

2017年11月27日 更新

ケーキの号数とは

お誕生日やクリスマス、結婚記念日など大切な日に家族や友人、恋人、大切な人へ買うケーキですが、号数を意識して買ったことはありますか。cmや〇人前などと言われればイメージしやすいものの、号数とはいったい何なのでしょうか。よく耳にする単位ですが、普段あまり意識せずに購入している方も多いのではないでしょうか。
今回は、ケーキ購入時に役立つであろう、どの号数が何人前かなどを、細かくご紹介していきたいと思います。ケーキの定番である丸型ショートケーキの他にも、ケーキには、タルトケーキやスクエアケーキ、ロールケーキなど種類は豊富。それぞれの種類による違いはあるのでしょうか?などの疑問についてもお答えしていきたいと思います。これを読めば、スマートにケーキをオーダーすることができますよ。他のケーキとの比較なども、分かりやすく説明していきたいと思います。

ホールケーキの号数早見表

お店などによって表記が異なるケーキのサイズ。cmや何人前かで書いてくれればイメージしやすいですが、なかには号数でしか表記されていない場合もありますよね。一般的なホールケーキの号数と大きさに対する目安の人数は以下の通りとなっているようですよ。

号数と分量の目安

4号:12㎝ 2〜4人分
5号:15㎝ 4〜6人分
6号:18㎝ 6〜8人分
7号:21㎝ 8〜10人分
8号:24㎝ 10〜12人分
9号:27㎝ 12〜14人分
10号:30㎝ 14〜16人分
実は、このように決まりがあったんですね。これを見ると、号数が1つ上がるごとにケーキの大きさが3cm大きくなっていることが分かります。4号、5号などはコンビニでも良く見かけるサイズですが、10号の直径30㎝というとかなり大きく感じますよね。おおまかにでもこのサイズを覚えておけば、職場やホームパーティーんど大人数で切り分ける際の目安として役立ちそうですね。
ケーキ屋さんの店頭でよく見かけるのは、4〜6号あたりのため、なかなか10号のものを常時置いているところは少ないかもしれません。ですが、お店によっては予約して規定外の大きいサイズのものを作っていただくこともできるそうです。10人以上の大人数になる場合は、予約した方が賢明です。大きいケーキとなると、より一層特別感が出てお祝いされる方は喜んでくれるのではないでしょうか!?

ほかのケーキの場合は?

一般的なケーキの号数と大きさについてご紹介しました。ですが、丸型の他、四角いものやロールケーキなど種類によって、そのサイズはかなり異なりますよね。先ほどご紹介したサイズは、ケーキの種類に限らず全て同じ人数分なのでしょうか。
1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう