究極の独り遊び!一人バーベキューにハマる人が急増している理由とは?

一人焼肉がアリなら一人バーベキューだってアリでしょう!最近、一人でバーベキューをする様子をSNSに投稿する人が増え続けているんです。さみしい一人遊びのようで、やってみるとかなり楽しい「一人バーベキュー」。その魅力をご紹介します。

2018年8月29日 更新

軍手

炭を扱うバーベキューでは手が汚れやすく、熱くなったものを持つ機会もあります。そのため、軍手は必ず持参するようにしましょう。

なお、より安全性を考えるなら、耐熱性の素材でできた手袋が一番です。

トング

トングはバーベキューの必須アイテム。食材を焼くとき、網から引き上げるときなどに使います。炭用のトングも用意すると、より安全にバーベキューを楽しめるでしょう。

火消し壷

バーベキューでは後片付けも大切です。

食材を焼き終わったら、燃え盛る木炭をそのままにせず、火消し壷に入れて消火しましょう。トングなどで炭を壷の中に移し、ふたをするだけでOKです。

一人バーベキューにチャレンジしよう

一人バーベキューの魅力、おわかりいただけたでしょうか。

大勢で楽しむばかりがバーベキューではありません。開放感のある屋外で炭火で焼いた食材を食べる……、そのおいしさだけを追求するなら、むしろ一人の方がはるかにいいのは間違いのないところです。

今度の週末、好きな食材とコンパクトなグリルをもって、河原へ遊びに行ってみませんか?一人で楽しむバーベキューの魅力がわかったら、あなたも一人遊びの達人に一歩近づけたといえるでしょう。
3 / 3
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ニコライ

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう