作り方

次に作り方です。 コーヒーフィルターを何枚が蛇腹に折って、底を切り離します。上の部分を好きな形になるように、はさみを使って切り込みを入れましょう。輪ゴムや糸で束ねて、花のように開きます。器に水を入れて、フィルターを挿せば完成です。ねっ!とても簡単でしょう。 大きいフィルターを使ったり、数を増やしたりすれば、さらに加湿器としての力を発揮してくれますよ。
バラの形にするには、まずコーヒーフィルターの底と側面をすべて切って、1枚のおうぎ形にします。次に角ばっている部分を切り、麺類などに入っているナルトみたいに、はさみでグルグル円を描くように切り込みを入れます。それを端のほうから丸めていきます。2~3枚のフィルターを使うと、一輪のバラができます。たくさん入れると、まるでバラの花束のようです。

10円玉を入れる

“なぜ、10円玉を入れるの?”そう思った人もいるのではないでしょうか。それにはちゃんと理由があります。10円玉を入れることで雑菌の繁殖が抑えられて、“きれいな水が保てる”からです。

エッセンシャルオイルをプラス

器にお水を入れたら、自分の好きなエッセンシャルオイルもプラスしてみましょう。よい香りに癒されて、心地よい眠りに誘われそうです。

こんなアレンジ方法も

フィルターの形

フィルターの形を自分でアレンジしてみるのもありですよね。先をとんがらせてみるとか、細かく切り込みを入れるとか、丸くするとか、はさみを上手に使ってあなたなりの作品に仕上げてみましょう。

和紙やフェルトでもOK

コーヒー用のフィルターじゃなくても、和紙やフェルトでも代用できます。和紙を使えば、和モダンな部屋に変身できるかも。和紙の折り紙だと、プレゼントにも最適です。きっと喜ばれますよ。キッチンペーパーを使ってもOK!です。フェルトを使った加湿器の作り方を映像でご紹介します。
フェルトにはさみで切り込みを入れて、くるくる巻いて留めれば完成です。フェルトは時々洗ってくださいね。洗えるフェルトを使うと便利です。一色ではなく、いろんな色のフェルトを使うとカラフルになりますね。フェルト加湿器、わたしも作ってみよう。

器をおしゃれにすれば可愛くできる

器にも凝ってみましょう。どんな器を選ぶかはあなた次第。可愛いものやシンプルなもの、和風なもの、器選びも重要なポイントです。おしゃれで可愛いオリジナルの加湿器を作ってみてくださいね。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ