まるで花束!コーヒーフィルターの手作り加湿器が大人キュート

夏の必需品、クーラー。でも、どうしても気になるのが「乾燥」ですよね。同時に加湿器を使うのもいいけど、電気代が…!そんなときにおすすめなのが、コーヒーフィルターの加湿器。見た目もかわいくエコなんです♩ということで、作り方やアレンジをご紹介!

2017年12月13日 更新

コーヒーフィルターで手作り加湿器

クーラーをつけたままの部屋にいると、乾燥が気になりますよね。朝起きると、昨夜たっぷり肌に含ませた化粧水がすっかり渇いて肌が乾燥していませんか。喉が乾燥すると風邪や体調不良の原因にもなります。肌と喉が水分をほしがっていますよ。

そんなとき、みなさんはどうしていますか?私は水を入れたコップを置いたり、濡れたタオルをハンガーにかけたりしています。加湿器を使っている人も多いのではないでしょうか。
加湿器を各部屋に置くのは大変だし、場所もとりますよね。わざわざ加湿器を買わなくても、コーヒーフィルターを使うと、とても簡単に手作りの加湿器が作れるんですよ。コーヒーフィルターを使った加湿器の作り方をご紹介します。

どうしてコーヒーフィルターなの?

では、どうしてコーヒーフィルターがよいのでしょう。ほかのものではだめなのでしょうか?その理由についてお話します。

吸収性の良さ

コーヒーフィルターが選べる理由は、“水分の吸収率がとてもよい”からです。インスタントではなく、豆でコーヒーを入れるときにフィルターを使っている人やドリップコーヒーを飲んでいるならわかると思いますが、お湯をそそぐとぐんぐん吸収していきますよね。ほかの紙ではこうはいきません。

おうぎ形

コーヒーフィルターには、おうぎ型と円すい形があります。おうぎ型は底の部分が台形になっていて、円すい型はとがっています。おうぎ型は100円ショップでも販売されているので、手作りの加湿器を作る場合は手軽に利用できて便利です。
1 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

peridot99

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう