山芋と長芋の違いとは?一緒のようで異なる特徴を徹底解説!

長芋と山芋、実際にどちらか明確に知らずに食べていませんか?今回は、類似食材「山芋」と「長芋」の違いに関して詳しくご説明します。カロリーや価格なども大きく異なる2つの食材。この機会を気に、食材の豆知識をしっかり学んでおきましょう♩

「山芋」と「長芋」ってどう違うの?

調理方法やカット方法によってさまざまな食感が楽しめる「山芋」と「長芋」。そのまま食べるのはもちろん、とろろにしたり揚げ物にしたりと食べる機会も多いのではないでしょうか。しかし実際のところ山芋と長芋の違いを聞かれると、パッっと答えるのはむずかしいですよね。今回は、一緒のようで異なる山芋と長芋の違いについてご説明していきたいと思います。

山芋とは?

特徴

山芋とは、ヤマノイモ科ヤマノイモ属ヤマイモに分類され、地下に芋をもつ作物の総称です。「山芋」とは正式名称は「ヤマノイモ」。山で自生する「自然薯(じねんじょ)」のことなどを指します。山の芋、自然薯、銀杏芋、大和芋、つくね芋などのさまざまな呼び名があり、地方によって呼び名が変わります。

また大きな特徴のひとつとして、山芋にはシュウ酸カルシウムという物質が含まれています。このシュウ酸カルシウムの結晶が皮膚に刺さるとかゆみの原因となります。水で洗ってもかゆみが収まらない場合は、水で薄めたお酢で該当箇所を洗いましょう。

特産地と旬

一番の山芋の生産量を誇るのは北海道。全体の約38%を占めています。ヤマノイモ科の中の種類にもよりますが、山芋は基本的に10~3月の秋から春にかけての季節に旬を迎えます。ヤマノイモ科の中のひとつである「自然薯」の旬は11~1月と短く、形状が曲がっていて複雑な栽培方法なため、貴重で高価な食材といわれています。

おすすめの食べ方

独特な味わいで風味がよく、粘り気が強い特徴があります。そのままカットして食べてももちろんおいしいですが、おすすめな食べ方としては、粘り気を活かしてとろろにするのが一般的です。

長芋とは?

特徴

生物学上はヤマノイモ科ヤマノイモ属ナガイモに分類されます。中国が原産といわれている外来種です。漢名の山薬(さんやく)、薯蕷(しょよ)と呼ばれることもあるんだとか。長さは50〜80cmほど、直径は4〜6cmくらいの長い形状の野菜。店頭では長いままではなく20〜30cmにカットされていることが多いです。

特産地と旬

長芋の生産が最も多いのは青森県。全体の出荷量全体の約73%を占めているほどです。比較的夏に多く出回りますが、流通量は多いので旬を問わず手に入りやすい食材といえます。

おすすめの食べ方

山芋と違い、長芋は水っぽく粘りが少ないため、箸ですくったときに一緒に持ち上がるのではなく、ボタッと落ちてしまいます。刻んで和え物や酢の物、サラダなどにして食べるのがおすすめで、サクサクした食感が楽しめますよ。もちろんとろろにしてもOKです。また、ソテーや揚げ物として調理することにより、ホクホクとした食感に。

また、品種改良しているものは表面のヒゲも少なく凹凸もないため、皮ごと食べられるものも開発されています。皮ごと食べる場合は、食感や見栄えを考えると加熱して食べるのがおすすめです。

説明できる?山芋と長芋の違い

特集

SPECIAL CONTENTS