確率は20分の1…!? 「うずらの卵」孵化のさせ方&育て方

次にペットを飼うなら、うずらの卵を一からふ化させてみましょう。20個に1個の確率で、温めると卵を産む可能性が期待できる有精卵が含まれているんです。ネット上にはひなの写真と共に成功者の声がちらほら。ふ化の方法やアイテムを細かくご紹介します。

2018年7月25日 更新

エサ

特にメスの食事には注意が必要で、カルシウム多めのエサを与えてあげてください。なぜなら、うずらはオスがいなくても卵をバンバン産む性質があるので、体力を維持するためのカルシウムが必要不可欠だからです。 主食として与える場合、エサにカキの殻やサプリメントなどを混ぜてあげるとGOOD。

砂遊び用の砂、容器

ITEM

三晃商会 チンチラサンド

内容量:1.5kg

¥440〜 ※2018年7月25日時点
価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
砂と容器を用意して、砂遊び場を作ってあげましょう。と言うのもひなは、砂遊びが大好きだから。砂場で体を思い切り動かしてストレスを解消するだけでなく、羽や体に付いている害虫を落とす効果があるんだそう。 また、砂を食べて体の中のものを消化しやすくするので、食べてもOKな砂を選ぶのがポイント。ペットショップで販売されている焼き砂もしくはチンチラサンド(チンチラの砂遊び用)がおすすめです。2週間おきにこまめにに交換して、砂遊びをより快適な時間にしてあげましょう。 砂を入れる容器は、プラスチックのケースがおすすめです。

エサ入れ、水入れ

エサや飲み水を入れる容器ですが、100円ショップやスーパーで売られているタッパーでOK。ひなを育てるうえで気を付けたいのが、水を飲むとき。飲むときに容器をひっくり返してひなに大量の水がかかってしまい、体温の低下で死んでしまう恐れがあるからです。 極力小さな容器を用意し、底や側面に両面テープやガムテープを貼って固定するといいでしょう。

床材

床材に使用するなら、クッション性に富んだ藁や厚手のタオルがベスト。大きくなったら、新聞紙やおがくずにチェンジしましょう。成長に合わせて最適なものをチョイスして、ひながより快適に過ごせる空間をプロデュースしてあげてくださいね。

ペットヒーター

ITEM

ジェックス オートヒーター ミニ

サイズ:幅6.8×奥行5.8×高さ17.8cm
重量:157g

¥1,350〜 ※2018年7月25日時点
価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
ひなは自分で体温をうまく調節できないので、専用の器具を使って温めてあげる必要があります。ふ化するときと同じように、35~39度前後の温度を均一に保ちましょう。ペットショップ、もしくはインターネットで2,000~4,000円程度で購入できますよ。

ふ化したらまずやること

上でもお話しましたが、ふ化直後ひなの体はびしょびしょに濡れています。体温が下がらないよう、そのままふ卵器の中に入れておきましょう。完全に体が乾くまで数時間はかかるので、その間にエサやエサ入れ、水入れを準備しておくとよいでしょう。 ひなは、卵の中にいた頃の栄養が体に蓄えられています。そのため、生まれて2日間くらいはエサを食べなくてもへっちゃら。エサを食べないからと言って、心配する必要はありません。2日目にエサを用意して置いておくと、自分で勝手に食べてくれます。お水をあげる場合は、水滴を指に付けてくちばしに垂らすと飲んでくれるそうですよ。

特集

FEATURE CONTENTS