ローディング中

Loading...

連載:一日一皿。きょうのおつまみ

つるりとした食感で喉越しよく、夏バテの時にも食べやすい卵豆腐。お酒と一緒に楽しむなら、ちょっとひと手間かけてみませんか?エビをあしらう卵豆腐の冷製あんかけは、簡単アレンジなのに料亭の一品のような出来栄え。ぜひお試しを!

卵豆腐で料亭気分なひと皿を

そのまま食べても美味しい卵豆腐ですが、そのつるりとした食感を活かした小鉢は如何でしょう?

今回は、暑い季節にぴったりな冷やしあんかけのレシピをご紹介。
冷凍エビと調味料で簡単に作れる餡をかけるだけで、いつもの卵豆腐がぐんと本格的に変身しますよ!

卵豆腐の食感はそのままで、食欲のない時にもオススメ。
夏は冷やしで、冬は熱々をお楽しみ下さいね。

『卵豆腐の冷やしあんかけ』の作り方

材料(2人分)

卵豆腐 2個
冷凍むきエビ 4個
塩 ひとつまみ
A だし汁 100cc
A 酒 小さじ1
A みりん 小さじ1
A 醤油 小さじ1/2
A すりおろし生姜 1片分
B 片栗粉 小さじ1/2
B 水 大さじ1
三つ葉・刻みネギ等 おこのみで

作り方

①冷凍エビは流水解凍して水気を切り、塩をまぶす。
②小鍋にAの調味料とエビを加え、エビに火が通るまでひと煮立ちする。
③Bの水溶き片栗粉を加え、全体を混ぜてとろみをつけたら火を止める。粗熱を取ったら、冷蔵庫でよく冷やす。
④よく冷えたあんを卵豆腐にかけ、薬味をのせる。
これで出来上がり。

お酒と一緒に乾杯!

よく冷えたあんかけ卵豆腐は、より口通りなめらか!
エビ香る上品なお出汁が滋味に富んでいます。

クセがなくさっぱりとした口当たりが夏に嬉しいですね。
単体でお酒のおつまみとしてお出ししても良いですし、お蕎麦やお寿司などの付け合わせとしても。

夏は卵豆腐で冷やして食べ、冬は厚揚げを温めて熱いあんをかけて食べる美味しいですよ。
薬味は三つ葉のほか、刻みネギやみょうがが合います。

《一日一皿。きょうのおつまみ》の記事一覧

おつまみ

少し肌寒さを感じる季節にぴったりな、秋ナスと長ネギを使った焼きマリネをご紹介!あらかじめ加熱してからマリネにすることで、とろんと甘くやわらかい食感が楽しめます。お酢を使って保存性が高くなっているので、常備菜に…

おつまみ スープ

肌寒い季節に食べたい、ほっと温まるワンタンスープはいかが?タネをこねることなく、手軽にワンタンが作れちゃうんです♩スープの具材はおろし玉ねぎを使うと、甘くてとろける食感に。食べごたえバツグンで、ビールや日本酒…

缶詰 さんま フレンチ おつまみ

今回は、洋風おつまみ「さんまのあん肝巻き」をご紹介します。秋が旬のさんまは、塩焼きや蒲焼きなどの和食に偏りがち。たまには洋風にアレンジしてみませんか?フォアグラの代わりにあん肝の缶詰を使って、食べてびっくりな…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

レシピ 炊き込みご飯 ラーメン まとめ

突然食べたくなって買ったはいいが、一袋食べ終えるまでに湿気たり飽きたりしがちな「おせんべい」。ほったらかしはもったいない。お米から作られる「おせんべい」を有効活用するレシピを集めてみました。

アボカド レシピ まとめ

ビタミンEたっぷりの栄養価の高いアボカドと、ビタミンCたっぷりの苺を使ったアレンジレシピをご紹介します。甘酸っぱい苺と濃厚なアボカドは、一見合わないように思われがちですが、実は相性抜群なんですよ♪

中華 レシピ 中華料理 まとめ

中華料理の前菜でおなじみの中華クラゲ。今回は人気レシピ8選をご紹介します。コリコリした歯ごたえが魅力の中華くらげは、とってもヘルシー♩きゅうりと和えるのが定番ですが、その他にもアレンジがたくさんあります!ぜひ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

レシピ

緑茶は和食や和菓子にしか合わないと思っていませんか?濃厚なうまみの「キリン 生茶」なら、日本の料理だけでなく世界のさまざまな料理ともぴったり合うんです!今回は、生茶とチーズ料理のマリアージュをご紹介します♩

前田未希

料理家 フードコーディネーター レシピライター 料理教室講師 st...

http://studio-racconto.com/

ページTOPに戻る