トルティーヤで挟んで焼くだけ!ケサディーヤはメキシコのファストフード

ケサディーヤをご存じですか?それはメキシカンにとってのファストフード。チーズやトウモロコシなど、旨味の強い具材をトルティーヤではさんで食べる、北米・中米では薄焼きパンに分類される料理です。今回は、このケサディーヤの作り方とレシピをご紹介!

2017年11月16日 更新

野菜のケサディーヤ

「ケサディーヤ」の中でもみずみずしくてヘルシーな、野菜を具材にしたケサディーヤです。材料は、トマト、ナス、トルティーヤ、チーズなど。

ナスをカットして焼いていきます。そこにトマトを加え、煮込んでください。トルティーヤの皮にナスとトマトを加えてチーズを乗せながら、皮をたたむように包み込んだらできあがり。旨味の強いトマトの香りが食欲をそそるひと品です。

トマトディップ ケサディーヤ

「ケサディーヤ」の中でもトマト好きな方におすすめしたいのが、トマトディップのケサディーヤ。トマトの旨味たっぷりな一品です。

トマトをふたつ用意して、ひとつは一口大にカット、もうひとつは細かく切ったあとソースになるまで煮詰めていきます。

トルティーヤの皮にこのトマトを乗せて、チーズと合わせたらできあがり。大きく口を開けて、思いきりかぶりつきましょう。

ビーンズケサディーヤ

色とりどりの豆、サルサソースをからめた炒め玉ねぎ、チーズ、パクチーをまとめて包んで焼く、具だくさんのケサディーヤです。

スライスした玉ねぎをフライパンで炒め、しんなりしたらサルサソースをからめて煮ます。
豆、チェダーチーズ、パクチー、ハラペーニョをフラワートルティーヤの半分に乗せ、はさんでください。※食パンと使う場合は2枚で具材をはさみましょう。最後にホットサンドメーカーでプレスをしたらできあがり。

ホットサンドメーカーがない場合は、電子レンジで温めたあと、フライパンを弱火にかけて両面を焼けばOKです。タバスコをかけてもおいしいですよ!

おしゃかわケサディーヤ

アボカドの果肉をくり抜いて深皿の中でつぶし、マヨネーズとレモン汁を加えてつぶします。次に、ミニトマトを4分の1にカットして、フレンチドレッシングと和えておきます。

トルティーヤ生地と生地の間にチーズを入れて、両面フライパンかトースターで焼き目が少しつく程度焼きましょう。焼きあがったら食べやすい大きさにカットしてお皿に乗せアボカドとトマトをトッピングしたら完成です。
2 / 4

特集

FEATURE CONTENTS