タピオカの原料って何?意外と知らない「タピオカ」についての衝撃事実

タピオカは、ミルクティーなどのドリンクと一緒に入っていることが多いですよね。もちもちした食感でおいしいタピオカの原料はイモの一種。ヘルシーそうに見えて実は高カロリー……。今回はタピオカの原料やその特徴、作り方など詳しくご紹介していきます。

2019年6月4日 更新

カルシウム

100g中28mg含み、丈夫な骨や歯を作りイライラの抑制につながる大切な栄養素です。カルシウムを多く摂ることで、骨粗しょう症の予防にもなります。乳製品や、ししゃもなど骨ごと食べられる魚に特に多く含まれています。

マグネシウム

カルシウムと似ていて、主に骨を作るための栄養素。100g中5mg含まれています。主に海藻類や豆類、ごまやくるみなどの種実類に多く含まれています。

リン

カルシウム同様、歯や骨格形成に必要な栄養素です。100g中6mg含まれています。リンは加工食品に多く含み、摂りすぎに注意をしなければいけません。タピオカも加工食品ですが、過剰摂取してしまうほどの量ではないため安心してください。 これらの栄養素が、タピオカに含まれるミネラルとなります。
(栄養成分の含有量はすべて参考文献 ※1を参照)

タピオカは高カロリー食品?

ところで、タピオカのカロリーを気にしたことはありますか?実は、高カロリーな食品なのです。 タピオカ(乾)100gあたりのカロリーは355kcal。(※2)ごはん100gあたりのカロリーは168kcalなため、比較するとタピオカが意外に高カロリーということが分かり、驚かされますね。 とはいえ、ゆでるとタピオカは、100gあたり62kcalになり、さらにドリンクに入っているタピオカは大さじ1杯ほどの量です。カロリーにすると9kcalほどということになります。(※3)

タピオカの作り方

では、自宅でタピオカを作る方法をご紹介します。

材料

乾燥したブラックタピオカ……30g 水(漬け込み用……500ml、ゆでる用……500ml) 砂糖……大さじ1杯
Photos:4枚
タピオカ入りアイスミルクティーとスプーン
キャッサバの断面
ストローがささったタピオカミルクティー
器にのせたタピオカ
一覧でみる
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS