ローディング中

Loading...

緑色で栄養満点のピーマン。英語でなんて言うのかご存じですか?今回は知っているようで知らなかったピーマンについてのあれこれを特集します。これを読んだらあなたもすっかりピーマン通。ピーマンの英語での呼び方、語源などトリビアをまとめました。

ピーマンは英語でなんと言う?

冷蔵庫に常備されている身近な野菜の代表格、ピーマン。カタカナで書くので外来語ということはなんとなく想像がつきますが……ご存知ですか?「ピーマン」って、実は英語じゃないんです。

では、ピーマンは英語で何と言うのでしょう。今回はピーマンという言葉にまつわるちょっとした豆知識をご紹介しましょう。

さくっとピーマンについておさらい

原産地と旬

ではまず、ピーマンについておさらいしましょう。

ピーマンは、ナス科トウガラシ属の一種であり、一年草です。原産地は中南米の熱帯地方。世間一般に流通しているポピュラーな緑色のピーマンは、熟す前の状態で収穫されたものです。熟すと赤色になり甘味もグッと増すのですが、赤くなるまで相当数の日にちがかかるので、効率よく採れる緑色のピーマンが多く販売されているのです。

独特の癖があることから、ピーマンは子供に嫌われがちでしたが、昨今改良により苦みが少なくなり、健康野菜として人気を集めています。ピーマンの旬は5月〜9月頃、夏野菜の代表的な存在です。

歴史

原産地の中南米熱帯地方では、紀元前6500年頃にはすでにとうがらしが、食用の野菜として用いられていました。その後大航海時代に入り、コロンブスがとうがらしをヨーロッパへと持ち帰り、改良されて、ピーマンが誕生しました。

日本には16世紀にポルトガル人によって伝わってきたのですが、一般家庭に普及するのには長く時間がかかり、第二次世界大戦後にようやく栽培されるようになったので、日本でのピーマンの歴史はまだまだ浅いでしょう。

ピーマンの呼び名は3種類

実は、英語でのピーマンの呼び名は3種類あります。

比較的よく聞かれるのは「green pepper(グリーンペッパー)」。これは「緑のとうがらし」という意味です。次に「bell pepper(ベルペッパー)」。「ベルの形のとうがらし」という意味です。そして最後は「sweet pepper(スウィートペッパー)」。これは「甘いとうがらし」という意味です。

いずれもピーマンの特徴をよくあらわしていますね。あなたはどの呼び名が1番ピンときますか?

ピーマンはとうがらしだった

さて、とうがらしは英語で「hot pepper(ホットペッパー)」というのはご存じの方も多いことでしょう。ピーマンの呼び名と同じく「pepper(ペッパー)」が入っています。この、「pepper」という単語自体がとうがらしを意味しています。

先ほども触れましたが、ピーマンはナス科トウガラシ属。れっきとしたとうがらしの仲間で、とうがらしの辛みをなくすように品種改良されたものがピーマンなのです。そのため、ピーマンをあらわす英語には「pepper」という単語が使われているのです。

オーストラリアでも言い方が違う

また、同じ英語圏でもオーストラリアでは、ピーマンの呼び方が欧米とは異なります。オーストラリアでは、ピーマンのことは「capsicum(カプシクム)」と呼びます。これは、とうがらし全般を意味する単語です。オーストラリアでは、ピーマンは独立した野菜の種類ではなく、とうがらしの一種として認識されているということですね。ところが変われば呼び名も変わる、面白い一例です。

パプリカはなんと呼ばれる?

では、ピーマンとそっくりなパプリカは英語でなんと呼ばれているのでしょうか?

日本では「パプリカはピーマンよりも苦味が少なくて肉厚」というイメージがありますが、実は「ピーマン」と「パプリカ」そして「とうがらし」の違いを示すはっきりとした定義はないのです。そのため、英語圏では、辛みが強いとうがらしを「hot pepper」、甘味が強いとうがらしを「sweet pepper」と名前をつけたのですね。

さらに、ピーマンは形によっても分類されています。「シシ型」「ベル型」「シシトウ型」の3つです。私たちが一般的に思い浮かべる緑色のピーマンはシシ型、パプリカはベル型です。

パプリカのことを、アメリカでは「bell pepper」、オーストラリアではピーマンと同じく「capsicum」または「sweet pepper」、ニュージーランドでは「capsicum」と呼ばれています。パプリカひとつ取ってもさまざまな呼び方をするのですね。ちなみにヨーロッパでは、日本と同じく「パプリカ」と呼ぶ地域もあるそうです。

で、結局ピーマンは何語?

ピーマンは、お国によってさまざまな呼び方があるということはわかりました。では、このピーマンという呼び名は、いったい何語なのでしょうか?まさかの日本語⁉︎ ここでは、ピーマンという名前の由来を紐解いていきましょう。

スペイン語が由来

ピーマンの語源は、スペイン語の「pimiento(ピミュエント)」、もしくはフランス語の「piment(ピマン)」からきているといわれています。このふたつの言葉は、どちらも、とうがらしを意味します。

とうがらしが日本に伝わったのは江戸時代。甘みのあるとうがらし、いわゆるピーマンが伝わったのは、明治に入ってからでした。その後、甘味のあるとうがらしのことを、ピーマンと呼ぶようになったということです。ちなみに明治時代はピーマンのことを「西洋とうがらし」、または「甘とうがらし」と呼んでいたそうです。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

主食にもなる!里芋・ヤムイモに似ている「タロイモ」って?

レシピ

タロイモという食材をご存知でしょうか?タロイモとは里芋にも似ていると言われています。日本ではなく海外で和食になることもあるのだとか。ここではヤムイモ、里芋などに似たタロイモについて詳しくご紹介していきましょう…

ほっこり「ほうれん草の味噌汁」のレシピ。どんな具材と合わせる?

レシピ ほうれん草

さまざまな料理に使われる野菜「ほうれん草」。味噌汁に入れると、手軽に食べられますよ。今回はほうれん草の味噌汁のレシピと、おすすめの具材の組み合わせをご紹介。ほうれん草の味噌汁レパートリーを、この機会に増やしま…

浅葱(あさつき)は小ねぎと同じ?実はあの部分で見分けられる!

お料理のレシピを見ていると、浅葱を使用するものもありますね。浅葱とは、どのような食べ物かをご存知でしょうか?浅葱と万能ねぎ、さらには小ネギなどををまったく同じものだと思っている方もいるようです。でも実際には全…

あなたの欲求を満たす!「一人鍋」のレシピ20選

レシピ まとめ

一人分でも手軽に作れる鍋料理は、幅広い世代に人気がありますね。今回は節約、冷蔵庫の整理、ダイエットなどなど、欲求別に簡単でおいしい「一人鍋」のレシピをご紹介します。少ない材料で大満足の鍋レシピで、寒い季節もポ…

もはやメイン!具だくさん味噌汁のアレンジレシピ15選

レシピ まとめ

具だくさんのお味噌汁は、その一杯だけでお腹を満たしてくれます。根菜、きのこ、お豆腐などをたっぷりと使ってヘルシーに仕上げてもよいですし、お肉や魚介を使えばボリューム満点。朝食から夕食までおすすめの具だくさん味…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

【これであなたも日本酒通(ツウ)!?】日本酒に使える香りの表現5選

日本酒 まとめ

日本酒を飲んでも「おいしい」だけで終わらせていませんか?味覚の表現を豊かにすれば、お酒を飲むのも楽しくなるはず!ということで今回は、日本酒の香りを表現するヒントを5つピックアップしてみました。

日本人なら知っておきたい、伝統的な季節の日本酒行事「5」選

日本酒 花見 まとめ

お祝いごとにはもちろん、四季折々の行事にも日本酒は欠かせませんよね。日本人なら是非知っておきたい、日本酒に関わる伝統的な季節の年中行事をまとめました。和食文化の中でも歴史の長い日本酒の、風流な楽しみ方をご紹介…

コンビニで買える花粉症に効くもの5選!今年の花粉には要注意!?

まとめ

2015年の花粉飛散量は平年(2008~2014)と比べると、多くなることが予想され、最新の予測によると、2014年シーズンの5割増となる予想が立てられました。コンビニで買える花粉に効果のあるものを、普段から…

料理だけじゃない!?意外なココナッツオイルの使い方5選!

ココナッツオイル まとめ

モデルのミランダ・カーや道端ジェシカも愛用していることで日本でも一気に人気が高まったココナッツオイルですが、実は意外なことにもつかえるとても便利なオイルだったのです。

夏に向けて準備♪虫刺されの予防効果が期待できる食べ物まとめ

まとめ

夏は、薄着にもなり開放的になる季節でもありますが、同時に気になるのが虫刺され。一度刺されるとかゆいし、かいちゃダメと思ってもついポリポリかいちゃいますよね...今回は蚊に刺されないように予防できる食べ物につい…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

連載記事

うきわウキウキ♩クリスピークリームドーナツ新作で夏休み気分が弾み出す!

2017年8月9日(水)、クリスピークリームドーナツの新作「サマー ミニ ボックス」が登場しました!うきわや花火など、夏らしいモチーフが散りばめられたボックス。開けた瞬間、歓声とともに真夏気分に♩気になるお味…

ミモザサラダも15秒!ゆで卵のみじん切りを楽しく時短できる裏技とは?

ゆで卵を、手軽に楽しくみじん切りにする方法をご紹介します!なんと包丁は不要。普段捨てているあるものを使えば、あっという間に細かいみじん切りが完成するんですよ!たまごサンドやタルタルソース、ミモザサラダにおすす…

煮込みハンバーグにはこれが相性◎!【レシピつき】献立案15選

レシピ ハンバーグ まとめ

とってもおいしい煮込みハンバーグ。自宅で作るとき、どんな献立にすればいいか、迷うことはありませんか?もうひと品つけたしたい、栄養バランスが気になる……そんな方に、煮込みハンバーグに合うスープや副菜をレシピ付き…

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...

ページTOPに戻る