タピオカの原料って何?意外と知らない「タピオカ」についての衝撃事実

タピオカは、ミルクティーなどのドリンクと一緒に入っていることが多いですよね。もちもちした食感でおいしいタピオカの原料はイモの一種。ヘルシーそうに見えて実は高カロリー……。今回はタピオカの原料やその特徴、作り方など詳しくご紹介していきます。

女性に人気のタピオカ

もちもちした食感で、噛んだときのほんのりした甘みが特徴のタピオカ。黒い大粒な形が印象的ですよね。タピオカは、ドリンクやスイーツに入っていることが多く、女性には人気の食べ物です。そんなタピオカ、実は原料や果実が高カロリーであることを知っていますか?

今回は、意外と知られていないタピオカについてご紹介していきたいと思います。

タピオカの原料は「キャッサバ」

タピオカの原料は、「キャッサバ」というイモの一種で、原産地は南米です。サバナ気候や熱帯雨林気候の地域などで栽培されていることが多く、気候条件や土壌条件が厳しくても比較的簡単に生産できるといわれています。栽培技術も確立されてきているので、大量に栽培することができるのです。

実は有毒!? 南米原産「キャッサバ」とは

実はこのキャッサバには、有毒な成分「シアン化合物」が含まれています。そのため、注意が必要です。食用にするためには毒抜きの処理が不可欠であり、生食の状態で日本に輸入することは禁止されています。葉を発酵させ有毒な成分を除去し、加工されたキャッサバのみ日本への輸入が許されています。

そして、キャッサバをタピオカにするために、さらなる加工がなされます。まず、キャッサバの根茎から取ったでんぷんを水で溶き、加熱します。そのあと粒状にして乾かすと「タピオカパール」になります。

どうやって丸い粒状にするか気になりますよね。まさか手ごね!? いえいえ、原料の練ったタピオカを特殊な容器に入れて回転させると遠心力がかかって雪だるまのように丸くなるんです。
このタピオカパールを2時間ほど茹でて戻すと私たちが知っている「タピオカ」になります。デザートやココナッツミルクなどでよく目にするタピオカの姿ですね。

通常タピオカは乳白色のような色をしています。愛らしい見た目とプヨプヨとした食感がクセになります。タピオカは、アフリカでは主食として食べられているんですよ。

海外旅行でタピオカを食べるときは注意!

キャッサバには、「苦味種」と「甘味種」という種類があります。

苦味種には、先ほどご紹介した有毒な成分であるシアン化合物を外皮に多く含んでいます。しかし塊根が大きいため、でんぷんの原作物として栽培されていることが多いでしょう。

一方甘味種は、毒抜きをして茹でるなどの加工をして食用にされます。甘味控えめのサツマイモのような味や食感です。海外旅行でタピオカを食べるときは、この甘味種を選ぶように注意しましょう。

タピオカに含まれている栄養素は?

タピオカにはミネラルを多く含む食べ物です。栄養素別に見ていきましょう。

カリウム

体内にある余分なナトリウムを排出する役割を持ち、むくみの改善やめまいに効果があります。多くの食品に含まれるものの、汗をかくことで奪われてしまうので、夏はカリウム不足になりやすく、夏バテの原因にもなります。夏はカリウムを意識的に摂取しましょう。

カルシウム

丈夫な骨や歯を作りイライラの抑制につながる大切な栄養素です。カルシウムを多く摂ることで、骨粗しょう症の予防にもなります。乳製品や、ししゃもなど骨ごと食べられる魚に多く含まれています。

マグネシウム

カルシウムと似ていて、主に骨を作るための栄養素。海藻類や、豆類、ごまやくるみなどの種実類に多く含まれています。

リン

やはりカルシウム同様、歯や骨格形成に必要な栄養素です。リンは加工食品に含まれていることが多く、摂りすぎに注意をしなければいけません。タピオカも加工食品ですが、過剰摂取してしまうほどの量ではないため安心してください。

これらの栄養素が、タピオカに含まれるミネラルとなります。

タピオカは実は高カロリー食品?

ところで、タピオカのカロリーを気にしたことはありますか?実は、高カロリーな食品なのです。

タピオカ100gあたりのカロリーは351kcal。ごはん100gあたりのカロリーは168kcalです。比較すると、タピオカが意外に高カロリーということが分かり、驚かされますね。

とはいえ、タピオカを一度に100gを食べることはほとんどありません。ドリンクに入っているタピオカは、大さじ1ほどの量です。カロリーにすると約28kcalほどということになります。

タピオカの作り方

特集

SPECIAL CONTENTS