ローディング中

Loading...

「三五八漬け」にはめんどうな手間がいりません!ぬか漬けのように毎日かき混ぜなくていいので漬物初心者もトライしやすいのが特徴です。万能調味料としても使える三五八漬けを常備しておくととても便利ですよ。三五八漬けで体の中からきれいになりませんか?

三五八漬けとは?

三五八漬けは東北地方に古くから伝わる郷土料理で、米麹に塩を加えた漬け床を使った漬物です。定番の野菜を漬けるのはもちろん、お肉やお魚に下味をつけたり、煮物やスープなどの隠し味としてもアレンジできます。まさに万能調味料です。

栄養価が高い米麹が原料なので、とっても健康的です!三五八漬けを食べる習慣を続けていれば、おいしい食事だけでなく、健康と美容も手に入るかも!

三五八漬けの名前の由来

三五八漬けという名前の由来はシンプル。塩と米麹と蒸した米を3:5:8の割合で混ぜ合わせて作る漬け床を使うことから「三五八(さごはち)」と名付けられたといわれています。

三五八漬けってどんな味?

漬け物の代表格である「ぬか」と比べ、クセのないやさしい味わいでほんのり甘みがあります。野菜を漬けると、麹のマイルドな香りと自然な甘みが感じられるお漬物ができあがります。肉や魚などを漬けてから焼くと特有の生臭さが消え、旨みが増すのが特徴です。普段の料理の前にひと工夫加えるだけで、グッとおいしいお魚・お肉料理ができあがるでしょう。

三五八漬けの栄養素は?

三五八漬けを作るさいに欠かせない米麹は、「飲む点滴」と言われるほど栄養が豊富な甘酒の原料となっています。米麹には脂質の代謝を促進したり、ニキビやシミを予防するなど肌をきれいにしたりする効果があるビタミンBを多く含みます。また、食物繊維やオリゴ糖が腸内環境を整えるので、便秘解消や免疫力のアップにも効果的です。

三五八漬けの漬け床の作り方

炊飯器で炊きあがったご飯に、米麹と60度くらいのお湯を入れ全体をよくかき混ぜます。これを約10時間保温すると甘酒ができあがりますので、その甘酒に分量の塩を混ぜ込み、冷蔵庫で10日間保存しましょう。10日後には三五八漬けの漬け床が完成します。

麹菌の酵素が活発に働く温度が50度~60度です。炊飯器内の温度が高温になりすぎないよう、炊飯器の蓋を開けたまま、濡れ布巾で蓋をして保温することがポイントです。

三五八漬けの漬け床の手入れの仕方

ぬか漬けのように毎日かき混ぜる必要はないので管理は簡単です。野菜を漬けこみ続けていると、野菜の水分で床がゆるくなってきますので、その時には清潔な布巾等を漬け床の表面に押し付けて、水分を取りましょう。塩味が薄くなった場合は塩を好みで加えてください。基本的には常温保存ですが、夏場は冷蔵庫での保存をオススメします。

手軽!「三五八漬けの素」

三五八漬けをより簡単に作りたい!という方には市販の「三五八漬けの素」をおすすめします。わざわざご自分で炊飯器を使わなくても、この素とお水があれば三五八漬けができます。保温や保存なども必要ないので、時間もかからずすぐに試せます。通販でも手に入れることができますよ。

三五八漬けのオススメレシピ

三五八漬けの素を使えば、どんな食材でも簡単においしく調理できます。身体にうれしい効果もあるので、食べると体の内側からきれいにもなれます。

ここでは、魚、肉、野菜、卵を漬け込むときにおすすめのレシピをご紹介します。

簡単おかず!ほくほくぶりの三五八漬け焼き

三五八漬けの素をぶりの表面にしっかりと塗りこみ、冷蔵庫で6~8時間ほど寝かせてから焼くだけ。簡単なのに、いつものぶりよりホクホクとして柔らかく、甘く仕上がります。

三五八漬けの素は焦げやすいので、水で軽く洗い流してから焼いてくださいね。三五八漬け特有のうま味でご飯が進みますよ。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

スペイン風オムレツ「トルティージャ」のレシピ!簡単な作り方もチェック◎

スペイン オムレツ レシピ

まるでケーキのような「トルティージャ」。日本では、スペイン風オムレツ、スパニッシュオムレツなどの名前でも親しまれており、パーティーやおもてなしにもピッタリな料理なんです!今回は、基本のレシピや上手に作るコツを…

【シーン別】ピリ辛「豚キムチ」に合う献立7提案

キムチ 豚肉 レシピ まとめ

辛旨い「豚キムチ」の献立をご提案!シチュエーションに合わせた献立で、あなたの晩ごはんの悩みを解消いたします。お腹いっぱいなボリューム献立から野菜たっぷりでヘルシー献立、時短も節約だってばっちりです。子ども向け…

コリッとやわらか「豚軟骨」のレシピ15選!下処理法も解説◎

レシピ 豚肉 肉料理 まとめ

コリコリした歯ごたえと骨まわりの柔らかさが特徴の「豚軟骨」。調理法がわからず買ったことがなかったという方も多いのでは?今回は、豚軟骨を味わいつくす人気レシピを厳選してご紹介。煮込みや炒め物のほか、子どもが喜ぶ…

お家で簡単パティシエ気分♩本格「フロランタン」のレシピを詳しく解説!

レシピ

香ばしいアーモンドとクッキーの相性が抜群の「フロランタン」。ケーキ屋さんなどで目にしますが、じつはお家で手作りすることができるんですよ!今回は、本格フロランタンのレシピや、簡単に作れる人気のアレンジをご紹介し…

おかずもサラダも絶品!捨てずに食べたい人参の葉レシピ10選

レシピ まとめ

葉っぱ付きの人参、どのように使っていますか?葉は捨てているという方、それはもったいないですよ!人参の葉は捨てないで活用することができます。無駄にせず、すみずみまで食べるために人参の葉を使ったおすすめレシピをご…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

オレオを120%楽しめる!おすすめの食べ方&レシピ10選

レシピ お菓子 スイーツ まとめ

今回は、オレオの食べ方やアレンジレシピをご紹介します。上下に分けて食べたり、牛乳に浸して食べたりと楽しみ方は自由自在!簡単にできるものからちょっと手の込んだアレンジレシピまで、さまざまな種類をまとめたので、ぜ…

定番からこだわり派も必見!横浜で人気のお土産26選

お土産 横浜 おしゃれ スイーツ まとめ

関東随一の観光地「横浜」で人気のお土産をご紹介します。定番の肉まんはもちろん、こだわりが詰まったお菓子もおすすめです!しっとりとしたチョコケーキやお酒が入った大人のクリーム入りビスケットなど。通販で購入可能な…

子どもと簡単に作れる♪動物のお弁当レシピ4選

お弁当 サンドイッチ まとめ

お子様が少し大きくなって来て、ママの調理を興味津々に見ていること、ありませんか?もし、そんなお子様がいたら是非お弁当作りに誘ってみてください。自分で可愛い動物のお弁当が出来たらすごく喜んでくれますし、ママも助…

パン粉を使ったアイデアレシピ8選!フレンチトーストだってできる♩

レシピ まとめ アレンジレシピ

揚げ物に使用したパン粉が余っちゃった。このまま捨てるのはちょっともったいない。そんな時に役に立つ、余ったパン粉を使って作る料理です。余ったパン粉を使っておいしいフレンチトーストなどを作ってみましょう♡

美味しく賢くヘルシーに♪厚揚げを使ったおかずレシピまとめ

レシピ まとめ 和食

お豆腐よりもしっかりボリューム、お肉よりもヘルシーな優秀アイテム「厚揚げ」でも、いまいち使い方がわからないって人も多いはず。そこで、厚揚げの色んなアレンジレシピを紹介します。意外なアレンジにハマるレシピがきっ…

風味UPでおいしさ長持ち!「オイルおにぎり」の人気レシピ15選

おにぎり お弁当 レシピ まとめ

おにぎりは時間が経つと乾燥してパサついてしまいますよね。ですがオイルをちょっぴり垂らした「オイルおにぎり」は時間が経ってもしっとりして、ごま油やオリーブオイルなど、使う油にこだわれば風味もアップしてさらにおい…

雑誌でもおなじみ♡人気ブロガー「あ~るママ」さんのお弁当レシピ8選

まとめ レシピ

雑誌でもおなじみの人気ブロガー・あ~るママさん。彼女が家族のために作ったお弁当は「可愛い」「美しい」と大人気♪あ~るママさんの作られたお弁当からおすすめのレシピをご紹介します。愛する家族のためにあなたもお弁当…

彩り豊かな幸せ常備菜!@kaoringoさんのお弁当がインスタで大人気

お弁当 まとめ

インスタグラムのフォロワー数1万人超えの @kaoringo さんの色とりどりなお弁当をまとめてみました。どのお弁当も具だくさんで色鮮やか!技アリの常備菜は参考になること間違いなしですよ。ぜひ真似してみてくだ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

ふりかけを使うレシピ8選。洋食からお菓子までアレンジいろいろ!

レシピ ふりかけ まとめ

ごはんにササっとかけて、おいしくいただける「ふりかけ」。あなたは、ほかにどのような使い方をしていますか?じつは、ふりかけってもっとアレンジできるんです!ということで、今回はお食事系からお菓子まで、さまざまなア…

奇跡の果実「カラマンシー」とは?レシピとおすすめの商品もご紹介

レシピ フルーツ

“奇跡の果実”と呼ばれる「カラマンシー」をご存知ですか?なんでもビタミンCが豊富で、美容効果が期待できると人気が高まっているのだとか。今回はそんな「カラマンシー」の活用レシピの数々におすすめの商品も合わせてご…

ストウブ、ル・クルーゼ、バーミキュラ。あなたはどの鍋を選ぶ?

料理雑誌やレシピ本、InstagramなどのSNSでもよく見かける、素敵な鍋たち。今回はそのなかでも、鋳物ホーロー鍋で特に人気のある「ストウブ」「ル・クルーゼ」「バーミキュラ」をご紹介します。ぜひ、新しい鍋を…

ページTOPに戻る