好きすぎて進化!世界で日本人だけ海苔を消化できるようになった骨太な理由

本来海苔は消化に悪い食べ物であることを知っていましたか?しかし日本人は唯一消化できる体の仕組みを持っていたんです。白いご飯に最高のお供、海苔。普段何気なく食べている海苔ですが、実は知らないこともたくさん。今回は、その真相に迫ってみました!

2016年12月6日 更新

海苔は消化しにくい食べ物だった!

皆さんは、普段どのように海苔を食べていますか?巻き寿司にしたり、おにぎりに巻いたり、炊き立てご飯にくるっと巻いて食べるのも最高ですよね。和風パスタやおそば、うどんやそうめんに細切りにして添えたり、そのままバリバリっと食べる方もいらっしゃるかもしれません。当たり前のように私たちの食卓にある海苔。実は消化しにくい食べ物だったのです!今回は海苔について、まさかの?事実をご紹介していきます。

なぜ海苔は消化しにくいのか

早速ですが、どうして海苔は消化に悪い食べ物なのでしょうか?海苔はアマノリ属の紅藻や緑藻、藍藻を含む海草や、その海藻を乾燥させた加工食品のことを指して言います。この、アマノリ属に含まれる多糖類は消化酵素によって消化されず、また腸管から吸収されないため、体内では分解できないことがわかっています。そのため、海苔はなかなか消化されにくい食べ物なのです。

日本人は昔から海苔を食べているから平気

しかし、驚きの研究結果があるのです。なんと、日本人だけは海苔を体内で消化する事ができるのです。

ゾベリア・ガラクタニボランという海洋性バクテリアが、アマノリ属の海藻内の多糖類を分解できるのですが、それと同じ消化酵素を作る遺伝子を備えたバクテロイデス・プレビウスという微生物を、日本人は腸内に持っていることがわかったのです。これは、はるか昔、8世紀ごろからすでに日本人は海苔を生食していたため、海藻に含まれるバクテリアから、分解する酵素を作る力を長年かけて身に付けていったと考えられています。日本の食文化が日本人の体質を変えた、というから驚きですよね。

海苔に含まれる栄養と栄養効果

昔から日本人になじみの深い海苔。次は海苔に含まれる栄養分や効果効能についてご紹介していきます。

1枚約3gの海苔には栄養がぎっしり!良質なたんぱく質や、ビタミン群が1枚の海苔に豊富に含まれています。また、鉄分やヨウ素もたっぷり。たった1枚食べるだけでさまざまな栄養分を摂取する事ができる、非常に優秀な食べ物なのです。
1 / 3
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ニコライ

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう