ささみ

Photo by @keiula

全体をほんのりとレアに仕上げつつも、中心部まで旨味がしっかりと感じられる「ささみ」も、ぜひ堪能してほしい焼き鳥メニューのひとつ。サイズの違う鶏肉がころころと串打ちされていて、まるで背比べをしているような見た目もかわいらしいですね。

おすすめポイント

  1. 予約がおすすめ!三軒茶屋駅ほど近くにあるおしゃれ焼鳥店
  2. プリプリ食感の「血肝(レバー)」や旨みが詰まった「ささみ」などこだわりの品々が充実
床島
住所
〒154-0024
東京都世田谷区三軒茶屋2丁目8−10 ルナパーク三軒茶屋 105
営業時間
水曜日
17:00〜22:30
月曜日
17:00〜22:30
火曜日
17:00〜22:30
水曜日
17:00〜22:30
木曜日
17:00〜22:30
金曜日
17:00〜22:30
土曜日
17:00〜22:30
日曜日
定休日
開閉
電話番号
03-5486-3318
メニュー
メニュー:r.gnavi.co.jp
最寄駅
東急田園都市線 三軒茶屋駅 世田谷通り口 徒歩3分
禁煙
禁煙
ディナー提供
ディナー

5.三軒茶屋の三角地帯に佇む隠れ家焼鳥店「串源」

Photo by @ no_kyomu_no_life

三軒茶屋の三角地帯に位置する、隠れ家的な焼き鳥屋さん「串源」。「串」という字が横になって、焼き鳥のマークになっている看板がユニークですね。赤くて大きなちょうちんを目印に、探してみてください。

Photo by @ksm_ts

カウンター席もおすすめですが店内には小上がりの席もあり、ゆったりとくつろぐことができます。気の置けない仲間同士の、ちょっとした飲み会にも利用できそう。相手との距離が近ければ、心もぐっと近づいて、飲み終わる頃にはもっと仲良くなっていますよ。

つくね

こちらのお店で、ぜひ味わっていただきたい焼き鳥メニューは「つくね(190円)」です。ひと口噛めば、口いっぱいに広がる優しい味と、ふんわり感。一度食べたらクセになりますよ。「つくね刺し(1,000円)」という、ちょっと珍しいつくねのお刺身もあるので、ご一緒にいかがですか?

レバー刺身

「レバ刺し(1,000円)」は角がピンと立っていて、新鮮なことがひと目でわかります。塩がかけられているのでそのまま食べるか、もしくはお好みでわさびをつけてめしあがれ。ねっとりとしたおいしさに、心が奪われそうになりますよ。そっと添えられた薬味の青ネギも、いい仕事をしています。

おすすめポイント

  1. 大きな赤ちょうちんが目印の隠れた焼鳥の人気店
  2. ひと口でふんわり食感と共に優しい味わいが広がる「つくね」
串源
住所
〒154-0004
串源, 2丁目-32-2 太子堂 世田谷区 東京都 154-0004 日本
営業時間
水曜日
18:00〜23:30
月曜日
定休日
火曜日
18:00〜23:30
水曜日
18:00〜23:30
木曜日
18:00〜23:30
金曜日
18:00〜23:30
土曜日
18:00〜23:30
日曜日
18:00〜23:30
開閉
電話番号
03-3424-7006
最寄駅
東急田園都市線三軒茶屋駅北口B 徒歩7分
ディナー提供
ディナー

6.焼鳥×ビールを味わい尽くせるレトロ居酒屋「とりビアー 三軒茶屋本店」

「とりビアー」という店名のとおり、看板にはニワトリ(とり)とビール(ビアー)が描かれています。横一列で飾られたちょうちんが賑やかな、ちょっとレトロな外観のお店です。
店内も、外観に負けず劣らずレトロな雰囲気。こちらでは、お皿に盛られた焼き鳥をはじめとした鶏料理を、とてもリーズナブルにいただくことができます。給料日前だけど飲みたいとき、訪れてみてはいかがですか?

ミックス焼き

Photo by @ ta_chan0324

750円
こちらのお店で人気No.1のメニュー「ミックス焼き」は、砂肝やモモ、レバーなどいろいろな部位が入ったお得なひと皿です。たくさんの種類のお肉を、少しずつ味わいたいという方にはもってこいですよ。特におひとり様に人気のあるメニューだそうです。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ