三軒茶屋「シニフィアン・シニフィエ」はパン好きが内緒にしておきたい名店

素敵なガラス張りのお店に、思わず「ブティックかな?」と思ってしまう人もいるほど。そんな素敵なお店はパン好きの間では有名なベーカリー「

おいしさと健康を届けたい

「世田谷公園」の脇にある、ガラス張りのおシャレなベーカリー「シニフィアン・シニフィエ」。ここは、小麦や酵母の安全にこだわり、特製のガス窯でパンを焼き上げる、お客さんの健康も考えたパンを提供してくれるお店です。

店内ではパンと一緒にワインも楽しめる、ちょっと大人な雰囲気のお店です。
「シニフィアン・シニフィエ」の店内。あたたかみのある木製のカウンターや家具。そして貶めの照明と床のタイルが、ベーカリーなんだけど、バーのような雰囲気もあります。

イスとテーブルは、景色が見えるよう外側に面しています。店内は完全禁煙で、パンの香りを堪能できます。
カウンターには、所狭しと焼きたてのパンがずらり。こちらのベーカリーは、お昼11時からの営業で、ランチに合わせて営業を始めます。

また、自分でパンをトレーに入れるのではなく、店員さんにとってもらう形式です。そこにまた高級感を感じられますね。

お店のパンを紹介

「あんぱん(こしあん)」(¥150)

手前に見える、手のひらサイズの、小ぶりなあんぱん。生地には麹が使われていて、とてもしっとり。上品な甘さで、日本茶にも合うのだそう。

ちなみに、粒あんの方には求肥が入っていて、そちらもおいしいと評判です。
「フィグ エ フィグ」(ハーフ¥700)

フィグとは英語でイチジクのこと。素材にこだわり、オーガニックの黒イチジク・白イチジクを使用しています。生地はヘーゼルナッツの香りがして、ナッツの香ばしさとイチジクのしっとりのギャップがたまらないひと品だそうです。
「パン オ ヴァン」(¥375)

こちらは最高傑作と評判の逸品。赤ワインで仕込んだ生地に無花果などのドライフルーツとカシューナッツ、アーモンドがぎっしり。ひとくち食べればザクザクと入っているのがわかり、やみつきになるそうです。

食べ応え抜群のこちらのパン、チーズやワインとも合いそうですね!

イートインもおすすめ

「パンの盛り合わせ」

店内のイートインスペースで食べられるメニューもおすすめです。「パンの盛り合わせ」は、定番のパンと3種類のチーズが付いてきます。

いろんなパンを少しづつ食べられるのもいいですし、何と言っても、この「ドリンク」は、ワインでもいいというところが嬉しいポイントです。

ランチメニューというわけではないので、好きな時間にふらっと訪れて、おいしいパンをつまみに、ワインを軽く一杯、なんていうのもいいですよね。
パン好きの間では、すでに有名店として名が広がっている「シニフィアン・シニフィエ」。近くに行く用事があれば、来店必須ですよ。

店舗情報

住所:東京都世田谷区下馬2-43-11 1F 
電話番号:03-3422-0030 
営業時間:11:00~18:00
定休日:不定休(店舗に問い合わせください) 
参考URL:http://tabelog.com/tokyo/A1317/A131706/13030788/

特集

SPECIAL CONTENTS