作用:便秘対策、風邪対策

いも類のなかでカリウムの含有量が多く、血圧を下げるのに役立ちます。また、食物繊維を多く含んでいるため、便秘対策にぴったりの野菜です。

里芋のぬめり成分である「ガラクタン」には免疫力を高める作用があり、風邪対策に役立ちます。(※12,13,19)

食べ方

先端とお尻を切ってからレンジで温めると、皮がつるりと剥けます。甘辛い味付けで煮絡めたり、塩で食べたりとアレンジ自在。牛乳とコンソメで煮込むととろみが出るので、ホワイトソースの代わりになりますよ。チーズをふりかけてオーブンで焼けば、グラタンに早変わり!

ネバネバ食材を楽しもう!

あなたに合うネバネバ野菜は、どれでしたか?珍しい野菜もご紹介しましたが、どれもおいしいですよ。たとえば丸オクラは噛めば噛むほど粘りが増し、一般的なオクラとの違いは驚くほど。ガクを取り除けば、ゆでずにそのまま食べられるのも魅力です。

ネバネバ野菜を摂取する場合は、栄養価を逃さないために、なるべく火を通さず生のまま食べるのがおすすめ。ぜひ普段の食事に取り入れて、健康維持に活用してみてください。
【参考文献】
※3 新ビジュアル食品成分表 新訂第二版|大修館書店
(2020/07/03参照)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS