ライター : BBC

ツイッターやインスタグラム、クックパッドやテレビなど、メディアで話題になっているトレンドグルメを主に紹介しています。好きなことは、ネットサーフィン、ビール、コンビニ巡り、時…もっとみる

①Kalita「ウェーブシリーズ ガラスドリッパー 155 ペパーミントグリーン」

Kalita(カリタ) は、質の高いおいしいコーヒー多くの人に届けてくれるコーヒー製品メーカーです。ウェーブシリーズは初心者からプロのバリスタまで、おいしくコーヒーをいただけるようになっています。

ITEM

Kalita ウェーブシリーズ ガラスドリッパー 155 【1~2人用】 ペパーミントグリーン #05063

¥1,479 ※2016年04月09日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

Amazonで見る

②Melitta「アロマフィルターAF-M1x2」

Melitta(メリタ)の「アロマフィルターAF-M1x2」はレストラン向け業務用商品になっていますが、Amazonなどのオンラインショップでも購入可能です。抽出前にコーヒーを蒸らし、味・コク・香りをより一層高められるような構造になっています。いつものコーヒー豆を、ワンラックアップさせてくれますよ。

ITEM

メリタ アロマフィルター AF-M 1-2杯用

¥350 ※2016年04月09日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

Amazonで見る

③KEYCOFFEE「KEYクリスタルドリッパー」

厳選されたコーヒー豆を使用した商品を取り揃えるKEYCOFFEE(キーコーヒー)は、コーヒーを知り尽くした有名なメーカー。「KEYクリスタルドリッパー」は、キーコーヒーが独自で開発したものになっていて、耐熱性の高い円すい形構造のドリッパーです。コーヒー全体を均一に抽出できるように最適な抽出スピードを保ってくれます。高級感のある見た目も素敵ですね!

ITEM

キーコーヒー クリスタルドリッパー

¥539 ※2016年04月09日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

Amazonで見る

④KONO「名門フィルター MDN-21クリア」

KONOはコーヒー好きなら誰もが知っていると言われるほどの人気メーカー。「名門フィルター MDN-21クリア」はさらなる改良を重ね、おいしいコーヒーが抽出しやすくなりました。 お湯の染み方によって味わいが変わるので、まさに注ぎ方次第と言えるでしょう。お気に入りの淹れ方を探してみるのもいいかもしれませんね。

ITEM

コーノ式ドリッパー 1~2人用(MDN-21)

¥880 ※2016年04月09日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

Amazonで見る

⑤CLEVER「クレバーコーヒードリッパーSサイズ」

CLEVERの「クレバーコーヒードリッパーSサイズ」は、浸水方式サイフォンのようにかき混ぜて淹れるドリッパーです。誰でもおいしいコーヒーを簡単に淹れることができるように工夫されていて、さらにお湯を直接注いでドリッパー内に溜めてからドリップしてくれます。

ITEM

CLEVERクレバーコーヒードリッパーSサイズ DRS666PC

¥2,484 ※2016年04月09日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

Amazonで見る

⑥HARIO「V60耐熱ガラス透過ドリッパーオリーブウッド」

HARIOの「V60耐熱ガラス透過ドリッパーオリーブウッド」は、V60耐熱ガラス透過ドリッパーにナチュラルな雰囲気を楽しめるオリーブウッドホルダーをつけたもの。カフェのようなおしゃれなスタンドで雰囲気まで堪能できます。

ITEM

ハリオ V60 耐熱ガラス透過ドリッパー オリーブウッド01 1~2杯用 VDG-01-OV

¥3,040 ※2016年04月09日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

Amazonで見る

この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS