簡単レシピ!「チーズフォンデュトースト」で朝からとろ〜り贅沢♩

チーズ好きの朝ごはんにぴったりなのが、「チーズフォンデュトースト」。レシピはとっても簡単なのに、朝からとろ〜りチーズをたっぷり味わう贅沢ができちゃいますよ。アレンジレシピもありますので、ぜひお好みのものを試してみてくださいね。

2018年2月8日 更新

ライター : BBC

ツイッターやインスタグラム、クックパッドやテレビなど、メディアで話題になっているトレンドグルメを主に紹介しています。好きなことは、ネットサーフィン、ビール、コンビニ巡り、時…もっとみる

「チーズフォンデュトースト」って?

お手軽な朝食として人気のトースト。シンプルなバタートーストももちろんおいしいですが、毎日では飽きてしまう……ということで、SNSではみんなが試した様々なトーストがアップされています。 その中でも、朝からしっかり食べたい人や、何よりチーズ好きから熱い支持を集めているのが「チーズフォンデュトースト」なんです。一体どんなトーストなのでしょうか?

とろとろのチーズが魅力

不思議な「チーズフォンデュトースト」とは、サクサクのトーストの中にトロトロのチーズがたっぷりと入っていて、パンの切れ目からとろっとチーズが溢れ出す瞬間がたまらないひと品なのだとか。 こちらはもともと、大阪の「トーストcafe ファイン」で人気のメニュー。ネットで話題になり、じわじわと認知度をあげているのだそう。大阪にいる方は一度訪れてみたくなりますよね。 しかし、大阪在住でない方もご心配なく!なんとこの「チーズフォンデュトースト」は、自宅でも簡単に作れちゃうんです!さっそく作り方を見てみましょう。

「チーズフォンデュトースト」の作り方

材料

Photo by macaroni

・食パン:1枚 ・コーンスープの粉末:大さじ1/2 ・牛乳:大さじ3 ・とろけるスライスチーズ:3枚 ・ブラックペッパー:少々 ・乾燥パセリ:少々 ※食パンは切り込みを入れやすいように、厚めのものがおすすめです。画像は4枚切りのものを使用しています。

作り方

1,食パンに切り込みを入れます。

Photo by macaroni

食パンの表面に「×」の形に切り込みを入れます。ナイフが後ろまで貫通してしまわないように、注意してくださいね。
2,食パンの表面をめくり、チーズソースを入れられるようにします。

Photo by macaroni

切り込みのところからそっと手を差し込み、耳のところまで表面を持ち上げるようにします。ここでも底に穴が開かないように気をつけてください。
3,牛乳、コーンスープの粉末、黒胡椒を混ぜます。

Photo by macaroni

ボウルに牛乳、コーンスープの粉末、黒胡椒を入れ、全体をよく混ぜます。
4,3をレンジで加熱します。

Photo by macaroni

混ざったら、500wのレンジで30秒ほど加熱します。
5,スライスチーズをちぎって入れ、もう一度レンジにかけます。

Photo by macaroni

温めたボウルにスライスチーズをちぎって入れ、同じく500wのレンジで30秒ほど加熱します。
6,完成したチーズソースを、パンに入れていきます。

Photo by macaroni

スプーンでソースをすくって、パンの耳側の方からたっぷり入れていきます。
7,全て入れ終わったら、オーブントースターで焼きます。

Photo by macaroni

最後までソースを入れたら、250℃のオーブンで3分ほど焼きましょう。表面にきれいな焼き色がついたら完成です。
8,最後にお好みでパセリをふりかけます。

Photo by macaroni

彩りに乾燥パセリを少しふりかけましょう。
9,完成

Photo by macaroni

切り込みを入れたあたりからちぎって、中のとろとろのソースをたっぷりつけて、フォンデュしながら食べましょう!

ポイント

一番のポイントは、パンを開くときに穴が開かないようにすること。切り込みを深く入れすぎないこと、パンをめくるときには少しずつ開くようにすると良いですよ。 チーズソースはたっぷり入れたほうがおいしい!という意見が多く上がりました。今回の分量を目安に、自分のお好みやパンの厚みなどに合わせて調節してみてくださいね。

作った人が多数!

ネットでも評判は上々!家にあるもので手軽に作れるのも人気の秘訣でしょうか。朝食や夜食など、軽めに食事をとりたいときにぴったりですね。

特集

FEATURE CONTENTS