ワインで悪酔いするのはなぜ? 理由を知って賢く飲もう

「ワインは悪酔いしやすい」「赤ワインのほうが酔う」などと聞きますが、それって本当? もし本当だとしたら、一体なぜ? 実は、ワインに含まれる"ある成分"が原因のようです。悪酔いしないための対策も知って、楽しくお酒を飲みましょう。

2019年2月27日 更新

どうして悪酔いするの?

みなさん、いろいろなエピソードとともにお酒を飲んで酔っ払ったという経験は、きっと少なからずあるのではないでしょうか。なかには人に絡んだり、ひどい頭痛や吐き気をもよおして悪酔いしたこと、または見たこともあるかもしれませんね。

安酒を飲んだ、ちゃんぽんして飲んだ、ついつい飲みすぎた、などを悪酔いした原因に挙げる方が多いですが、はたして本当にそれが理由なのでしょうか?

今回は、ワインに焦点を当ててご紹介します。「ワインはほかのアルコール類より悪酔いしやすい」「安いワインほど悪酔いしやすい」とも言われていますが、その真相について追求していきます。

ワインが酔いやすいとされる理由

ワインに含まれる「フーゼル油」が原因?

ワインにはフーゼル油という物質が含まれています。これは高級アルコール混合物の総称で、脂肪酸の一種です。以前は、これが悪酔いの原因だと考えられていました。

しかし、フーゼル油はどの種類のアルコールにも含まれているもの。特に焼酎に多いようです。動物を用いた実験では、フーゼル油が二日酔いの原因とは考えにくいとされています。(※1)仮にワインにフーゼル油が多く含まれていたとしても、それが悪酔いの原因ではないようです。

真犯人は「ヒスタミン」と「チラミン」

赤ワインには、ヒスタミンという成分が入っています。このヒスタミンは血管を急速に広げることで、頭痛の原因となる場合があります。(※2)

また、赤ワインはチラミンという成分も含んでおり、こちらはヒスタミンと真逆で、血管を収縮する作用があります。収縮することで脳に負担がかかってしまい、頭痛が引き起こされます。(※3)
1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

noranora69

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう