ワインで悪酔いするのはなぜ?理由が分かればこわくない!

「ワインは悪酔いしやすい」「赤ワインのほうが酔う」などと聞きますが、それって本当?もし本当だとしたら、一体なぜ?ワインに含まれる“ある成分”が原因のようです。悪酔いしないための対策もご紹介。知っていればもっと楽しくワインが飲めますよ。

どうして悪酔いするの?

みなさん、いろいろなエピソードとともにお酒を飲んで酔っ払った経験はきっとあるのではないでしょうか。その中でも、大声を出して罵声を浴びせたり、人にからんだり、ひどい頭痛や吐き気をもよおして悪酔いしたこと、または見たこともあるかもしれませんね。

安酒を飲んだ、ちゃんぽんして飲んだ、ついつい飲みすぎた、など悪酔いした原因に挙げていますが、はたして何が原因なのでしょうか。
今回は、ワインに焦点を当ててご紹介します。「ワインはほかのアルコール類より悪酔いしやすい」「安いワインほど悪酔いしやすい」とも言われていますが、これって本当なのでしょうか?

ワインは悪酔いしやすい?

ワインに含まれる「フーゼル油」が原因?

ワインにはフーゼル油という物質が含まれています。これは黄色い油状の液体で、アルコールが発酵するときに生成される副産物。含有量が0.2%を超えると体に良くないとされています。これが悪酔いの原因だと考える人もいるようです。

しかし、フーゼル油はどの種類のアルコールにも含まれているもの。特に焼酎に多いのだそうです。つまり、ワインの悪酔いの原因はフーゼル油ではありません。

真犯人は「ヒスタミン」と「チラミン」

赤ワインにはヒスタミンという成分も入っています。このヒスタミンは血管を急速に広げることで、頭痛の原因となる場合があります。

また、赤ワインはチラミンという成分も含んでおり、こちらはヒスタミンと真逆で、血管を収縮するはたらきがあります。収縮することで脳に負担がかかってしまい、頭痛が引き起こされます。

そのうえワインには、他の蒸留酒と比較してメチルアルコールが多く含有されています。これもまた、頭痛の原因となるんです。

安いワインだからといって、悪酔いしない

ワインそのものに悪酔いする成分があり、安いワインだからといって悪酔いをするわけではありません。

ワインの本場・フランス産のものには特にヒスタミンが多いので、高いワインや上質なワインでも悪酔いは起こり得ます。

赤ワインのほうが酔いやすい?

赤ワインと白ワインでは酔い方が違うと思う方もいますよね。その感じ方の違いには飲む温度が関係しているそうです。

一般に白ワインは冷やして飲むとおいしいとされ、一方、赤ワインは常温で飲むほうがいいとされています。
赤ワインはアルコール分が胃腸に吸収され、そのまま体内にまわりますが、白ワインは温度が低いため吸収されてすぐではなく、ある程度時間がたち、温度が上がってから体内にまわるのではないかと考えられています。

つまり、赤ワインは飲んですぐに酔いますが、白ワインは飲んでしばらくたってからが酔いやすいと言われています。

悪酔いしない方法は?

では、ワインで悪酔いしてしまわないように、楽しく飲むための対策をご紹介します。

飲む前にオリーブオイルを

ワインを飲む前に、オリーブオイルをスプーン一杯飲んでおきましょう。そして、少しでもいいので、まず食べ物を胃の中に入れておくことが大事です。

温めて飲まない

お酒を温かくして飲むのも、吸収が速い分だけ酔いを早めます。意外に感じますが、炭酸飲料で割るのも酔いを早めるので、お酒に弱い方は水割りなどをチョイスすると良いでしょう。

こまめに水を飲む

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

noranora69

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう