「カフェオレ」と「カフェラテ」の違いをバリスタが徹底解説!

今回はカフェオレ、カフェラテ、カプチーノの違いと飲み分け方をバリスタが詳しくご紹介します。コーヒーにミルクを入れて飲むのはお好きですか?ミルク入りコーヒーとひとことで言っても、実はいくつか種類があってそれぞれに特徴が異なるんです。

カフェオレとカフェラテの違い

「カフェオレ」、「カフェラテ」、「カプチーノ」。

どれも一度は飲んだことがあるかと思いますが、実はこの3つ、似ているようで全然違う飲み物なのです。今回は、それぞれの違いについてご紹介させていただきたいと思います。
まずは、カフェオレとカフェラテの違いについてです。

「カフェオレ」と「カフェラテ」の語源

まず最初に、ふたつの語源を説明したいと思います。

カフェオレ

「カフェオレ」は、正しく表記すると「カフェ・オ・レ(café au lait)」で、フランス発祥の飲み物で"cafe"がコーヒー、"au"が前置詞、"lait"が牛乳を意味します。

カフェラテ

「カフェラテ(カフェ・ラッテ)」はイタリア発祥の飲み物で、正式にはカフェ・コン・ラッテ(Caffè con Latte)といい、"Caffe"がコーヒー、"con"が英語でいうwith、"latte"が牛乳を意味します。 カフェラテという言葉自体はアメリカのシアトル系コーヒー文化において作られた造語で、イタリアで「カフェ・ラッテ」と注文しても通じないのでご注意を。

「カフェオレ」と「カフェラテ」のコーヒーとミルクの違い

「カフェオレ」

コーヒー

カフェオレのコーヒーはフランス発祥ということで。ドリップコーヒーがベースとなります。ドリップコーヒーのドリップ(Drip)は、英語で「落ちる」「滴る」などを意味するように、コーヒーの粉にお湯を注いで抽出することを指します。

ミルク

カフェオレのミルクは、コンロなどで温めたミルクを使って作ります。

コーヒーとミルクの割合

カフェオレは、カップに対してコーヒーとミルクが約1対1の同量です。さっぱりとしていながらも、苦味よりミルクの甘みを感じられます。

「カフェラテ」

コーヒー

カフェラテのコーヒーはイタリア発祥であるため、エスプレッソがベースです。エスプレッソとは、専用のマシーンで高圧力をかけ、30秒ほどの短時間で抽出されたコーヒーのこと。短時間かつ高圧力で抽出されるので、コーヒーのエキスに旨味が凝縮されています。

ミルク

カフェラテのミルクはスチームドミルク(泡立てたミルク)を使って作ります。スチームは水蒸気という意味で、水蒸気の力を使ってミルクを泡立てることでミルクに空気が含まれ、ミルク本来の甘味を引き立たせてくれます。

コーヒーとミルクの割合

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

カフェ巡りスト/バリスタ 柳 隆晴

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう