ライター : カフェ巡りスト/バリスタ 柳 隆晴

日本バリスタ協会ライセンスレベル1 / ドリンクコーディネーターベーシック

私のバリスタとしてのミッションは、『バリスタという仕事を通して、1人1人の日常生活にちょっとした活力を与えること』。普段はカフェでバリスタとして働きながら、空いた時間にラテア…もっとみる

カフェオレ・カフェラテ・カプチーノ・カフェモカの違いは?

カフェオレ、カフェラテ、カプチーノ、カフェモカ。コーヒーショップなどでもよく耳にするこの4つはそれぞれ特徴があります。特に「カフェオレ」と「カフェラテ」はよく似ていますが、全然違う飲み物なんです。

この記事では、カフェオレ、カフェラテ、カプチーノ、カフェモカの順にそれぞれの特徴をバリスタが詳しく解説します。

ミルクのやさしい甘さが楽しめる「カフェオレ」

「カフェオレ」は、正しく表記すると「カフェ・オ・レ(café au lait)」。フランス発祥の飲み物です。“cafe” がコーヒー、 “au” が前置詞、 “lait” が牛乳を意味します。イタリア語では「カフェミスト(caffe misto)」といいます。

使用するコーヒーとミルクの特徴

カフェオレに使うコーヒーは、ドリップコーヒーがベースです。ドリップコーヒーのドリップ(Drip)は、英語で「落ちる」「滴る」などを意味するように、コーヒーの粉にお湯を注いで抽出することを指します。

また、使用するミルクは、温めたミルクを使って作るのが一般的です。

コーヒーとミルクの割合

お店によって比率は多少異なりますが、基本的にカフェオレはコーヒーとミルクを約1:1で割ります。さっぱりとした飲みやすさが特徴。コーヒーの苦みがミルクで調和され、やさしい甘さも楽しめます。

エスプレッソを使う「カフェラテ」

「カフェラテ(カフェ・ラッテ)」はイタリア発祥の飲み物で、正式にはカフェ・コン・ラッテ(Caffè con Latte)といい、 “Caffe” がコーヒー、 “con” が英語でいうwith、 “latte” が牛乳を意味します。 カフェラテという言葉自体はアメリカのシアトル系コーヒー文化において作られた造語で、イタリアで「カフェ・ラッテ」と注文しても通じないのでご注意を。

使用するコーヒーとミルクの特徴

カフェラテのコーヒーはイタリア発祥であるため、エスプレッソがベースです。エスプレッソとは、専用のマシンで高圧力をかけ、30秒ほどの短時間で抽出されたコーヒーのこと。短時間かつ高圧力で抽出されるので、コーヒーエキスに旨味が凝縮されていますよ。

カフェラテに使うミルクは、スチームドミルク(温めたミルク)です。スチームは蒸気という意味で、蒸気の力を使ってミルクを泡立てながら温めます。泡立った部分はフォームドミルクになりますが、泡立たなかった部分がスチームドミルクになります。
Photos:2枚
UCCドリップポッドとカプセル
デロンギのエスプレッソマシンでカプチーノを作っている様子
一覧でみる
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ