カフェオレとカフェラテ、カプチーノの違いをバリスタが徹底解説!

今回はカフェオレ、カフェラテ、カプチーノ、カフェモカの違いと飲み分け方、レシピをバリスタが詳しくご紹介します。コーヒーにミルクを入れて飲むのはお好きですか?ミルク入りコーヒーとひとことで言っても、実はいくつか種類があってそれぞれに特徴が異なるんです。

2019年8月30日 更新

カフェオレ・カフェラテ・カプチーノ・カフェモカの違いは?

「カフェオレ」、「カフェラテ」、「カプチーノ」、「カフェモカ」。

コーヒーショップなどでもよく耳にするこの4つですが、みなさん違いを知っていますか。特に「カフェオレ」と「カフェラテ」はよく似ていますが、全然違う飲み物なのです。まずは、この2つからご紹介しますね。

「カフェオレ」と「カフェラテ」の語源の違い

まず最初に、ふたつの語源を説明したいと思います。

カフェオレ

「カフェオレ」は、正しく表記すると「カフェ・オ・レ(café au lait)」で、フランス発祥の飲み物で"cafe"がコーヒー、"au"が前置詞、"lait"が牛乳を意味します。イタリア語では「カフェミスト(caffe misto)」といいます。

カフェラテ

「カフェラテ(カフェ・ラッテ)」はイタリア発祥の飲み物で、正式にはカフェ・コン・ラッテ(Caffè con Latte)といい、"Caffe"がコーヒー、"con"が英語でいうwith、"latte"が牛乳を意味します。 カフェラテという言葉自体はアメリカのシアトル系コーヒー文化において作られた造語で、イタリアで「カフェ・ラッテ」と注文しても通じないのでご注意を。

「カフェオレ」と「カフェラテ」のコーヒーとミルクの違い

「カフェオレ」

コーヒー

カフェオレのコーヒーはフランス発祥ということで。ドリップコーヒーがベースとなります。ドリップコーヒーのドリップ(Drip)は、英語で「落ちる」「滴る」などを意味するように、コーヒーの粉にお湯を注いで抽出することを指します。

ミルク

カフェオレのミルクは、コンロなどで温めたミルクを使って作ります。
1 / 6
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

カフェ巡りスト/バリスタ 柳 隆晴

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう