ワインの酸化防止剤のウソとホント。うわさの真相に迫ってみた!

「ワインのせいで頭痛が……」という言葉、1度は耳にしたことがあるかと思います。どうやら「酸化防止剤」が鍵を握っているようです。賛否両論ありますが、実際のところはどうなのでしょうか?今回は、ワインに含まれる酸化防止剤についてご紹介します。

2018年7月16日 更新

酸化防止剤とは?

ひとりで飲むお酒もおいしいですが、気心の知れた友達同士で飲むお酒のおいしさは格別ですよね。ちなみにみなさんはワインを飲むときにラベルの「酸化防止剤」という表記、気になったことありませんか?

酸化防止剤とは亜硫酸塩のこと。その名の通り酸化を防ぐ抗酸化物質のことなのですが、亜硫酸塩と聞くと、なんだか強力な効果を持った薬のような感じがして、少し怖くなってしまいますよね。

ワインの酸化防止剤が私たちの体に与える影響については諸説あります。特に日本で飲まれている多くのワインには酸化防止剤が含まれており、その影響で健康に害があるのではないかとか、頭痛を引き起こす原因ではないかといった、さまざまな情報がネット上で飛び交っています。

では、実際のところはどうなのでしょうか。今回はその真相にせまるべく、ワインの酸化防止剤についてご紹介します。

亜硫酸塩とは

亜硫酸塩にはいくつかの種類があります。二酸化硫黄、亜硫酸Na、ピロ亜硫酸Na、などがあり、いずれを使っても「亜硫酸塩」と表示されます。

亜硫酸塩は、実はワインの醗酵過程で微量ながら生み出される物質で、ワインやドライフルーツなどの酸化防止剤として使われる食品添加物です。亜硫酸塩自身が酸化されることにより、食品の酸化を防ぐ働きを持っているのだそうです。以下で詳しい効果について説明しましょう。

なぜ酸化防止剤を入れるのか

なぜ、酸化防止剤が添加されているワインが多いのでしょうか。

そもそも一般的にワインは、フレッシュなブドウを絞り時間をかけて果汁そのものを発酵させ、水や熱は加えずに作られています。たとえば、桃を切ってテーブルの上にしばらく置いておいたり、バナナを数日放置しておくと茶色く変色してしまいますよね。同じくワインも単にブドウを発酵させただけでは、時間の経過とともに茶褐色になり、酸っぱいにおいのするお酒になってしまうおそれがあるんです。

現地のワインと味が違うってほんと?

「現地イタリアで飲むワインは味が違う」という話を聞いたことありませんか?結論から言うと、「酸化防止剤」を表記するかしないかの違いだけで、現在製造されているワインはほぼ、参加防腐剤を使用しています。

なぜなら、どんどん酸化が進んでしまううえに、雑菌が繁殖するのでワインの品質を保つことが難しくなってしまうため。

なんでも日本は、海外に比べると輸入品の食品規定がとても厳しいんだそう。そのため、日本で販売されている輸入ワインには、ヨーロッパ諸国と比べて遥かに多い酸化防止剤が添加されています。さらに、食品に酸化防止剤が使用されていたら、わかりやすく表示することが義務付けられているんです。

つまり、現地で製造されたものは日本で販売されているワインに比べて酸化防止剤の量が少ないため、おいしく感じるのだと考えられます。また、本場の雰囲気を味わえるという気分的なものも、関係しているのかもしれませんね。

それでは、酸化防止剤が持つ効能を下記にまとめました。
1 / 4
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

yuitoss

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう