甘くてとろり。ミルクベースのリッチな「カニのとろとろポタージュ」のレシピ

西洋のネギ「ポロネギ」をご存知ですか?ちょっと太くて、甘みが強いお野菜です。今回はこのポロネギとカニを使って、ミルクベースのリッチなポタージュを作ります。メイン料理と言っても良いくらい満足感の得られるスープです。ぜひ作ってみてください!

2016年2月19日 更新

火と通せばもっともっとあまく・・・

3つの楽しい食材の組み合わせから生まれる、感動の“新しい味”を提案する「Three Good Things」。

今日は寒い冬に一度は作って欲しい、甘くてとろとろの絶品ポタージュをご紹介します。

選ぶ3つの食材は、ポロネギ、カニ、牛乳。

ポロネギとは、イタリアやフランスで古くから愛されてきた西洋ネギですが、日本でもよく見かけるようになった食材。

ぽってりと太く、ほのかにナッツの香りがするこのネギは、火を通すと驚くほど甘くなる野菜です。
それはもう、メイン料理としてむかえたくなるほどの美味しさと存在感…!

ポタージュにするとき、コンソメなどはあえて入れない方が自然の甘みが楽しめます。すこしの塩だけで十分なんです。

ミルクをベースとしたポタージュにし、バターでふんわりと炒めたカニの旨味をプラスすることで、よりリッチでコクのあるポタージュに仕上げます。

ぜひ試してみてくださいね。

ポロネギ×カニ×牛乳の材料(2人分)

・ポロネギ:1本
・バター(ポロネギ用):15g
・牛乳:250〜300cc(とろみ加減はお好みで調整してください)
・塩:ひとつまみ
・カニのほぐし身(カニ缶):60〜70g
・バター(カニ用):5g
・オリーブオイル:1スプーン
・ブラックペッパー:ひとつまみ

つくり方

1.まずはポロネギをカットします。
2.バターを溶かした鍋でポロネギをとろ火でじっくりと炒めていきます。
3.全体がしんなりしてきたら、塩をまわしいれ、牛乳を加えて弱火で温めます。
4. 鍋をあたためている間に、フライパンでカニのほぐし身をバターで軽く炒めておきます。
5.ポタージュが温まったら、全体がとろとろになるまでミキサーにかけます。
6. お皿に注ぎ入れ、オリーブオイルをまわしいれます。
7.カニを中央にふんわりと盛り付けます。
8.ブラックペッパーをふりかけます。

9.自然な甘みがぎゅっとつまった、コクのあるポタージュの完成です。
これだけで十分、というほど満足感のあるポタージュですが、よりとろっとした食感にしたい場合は、ミルクの量を減らすか、じゃがいもを少し加えてみてください。
提供元:

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

meiko

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう