【イートイン】自由が丘周辺のおすすめケーキ6選

7. 日本を代表するチョコレート専門店のカフェ「カフェ ベルアメール」

Photo by you_sweets_lab

百貨店やチョコレートのイベントでも人気の「BEL AMER(ベルアメール)」。日本のブランドだと知っている人は、意外と少ないのでは?

2004年創業、日本の風土に合うショコラを作り続けた同店が、チョコレートのデセールやアフタヌーンティー、軽食を提供するカフェを、2021年4月、自由が丘にオープンしました。

東急東横線「自由が丘駅」正面出口より徒歩3分ほどの、雑貨店やカフェがひしめく通りにお店があります。入り口は物販コーナーで、代表商品のパレショコラやボンボンショコラ、プチガトーが購入できますよ。隣のカフェスペースでは、陽の差し込む気持ち良いアーバンナチュラルな空間で、限定デセールやパフェが楽しめます。

フローラルカカオ

Photo by you_sweets_lab

1,760円(税込み)
まるでカカオの実のようなフォルムの「フローラルカカオ」。実はティラミスなんです。

上にのっている球体のソルベは、カカオの果肉である「カカオパルプ」。その下には、フランベしたバナナと濃厚なマスカルポーネクリームのティラミスという、凝った仕立てです。ソルベのフルーティーな酸味とトロピカルなバナナのねっとりした甘さが、ティラミスと一緒に食べることで感動的なおいしさに。

薄くかたどられたショコラの、繊細なパリッとした食感がアクセントになっています。見た目だけではない、チョコレート専門店だからできるデセール。チョコレート好きにはぜひ一度、足を運んでほしいカフェです。
店舗情報

8. できたて映えスイーツ!「パンとエスプレッソと自由形」

Photo by you_sweets_lab

「パンとエスプレッソと自由形」は、東急東横線・東急大井町線の自由が丘駅から徒歩3分ほど、Luz自由が丘の3階にあります。外苑前で行列のできるベーカリーカフェの姉妹店。パニーニのランチや限定スイーツなどが人気で、平日でも女性客で賑わっています。

系列店でも連日完売している人気食パン「ムー」を使用したティラミスや、15時から発売される「鉄板フレンチトースト」などスイーツが絶品!

雲をイメージした流線形の壁や、温かみのある木製テーブルの心地よい空間で、パンの個性を生かしたスイーツをゆっくり楽しめます。

苺ティラミス、ラテ

Photo by you_sweets_lab

650円、550円(税込み) ※手前左から苺ティラミス、ラテの順
エスプレッソのシロップが効いたティラミスもおすすめですが、季節のティラミスも見た目、味ともにおすすめです。

この日は「苺ティラミス」をいただきました。いちごのエスプーマクリームがとろーりかかっていて、てっぺんにのったあまおう苺がキュート。もちろん、こちらも人気食パン「ムー」を使用しています。

アマレットを使用したいちごシロップを「ムー」にじっくり染み込ませ、甘さ控えめのマスカルポーネクリームと層にして仕上げてあるんです。

いちごのエスプーマがさわやかな酸味のある仕上がりで、濃厚なマスカルポーネクリームと相性抜群。フォークを入れるとじゅわっとでてくるアマレット香るシロップが、アクセントになっています。今にも溶けてしまいそうな見た目がそそる、かわいらしいティラミスです。
店舗情報

9. ITマーケターが手掛けるカフェ「アルファ・ベータ・コーヒー・クラブ」

Photo by you_sweets_lab

「ALPHA BETA COFFEE CLUB(アルファ・ベータ・コーヒー・クラブ)」は、2017年4月に自由が丘にオープンした異色のカフェ。元Googleのマーケターが始めたコーヒー豆のサブスクリプションブランド「ABC Coffee(エービーシーコーヒー)」が手掛けるとあって、オープン時に大きな話題となりました。

シンプルなアメリカ西海岸スタイルの内装や、解放感のある白いウッドテラスが心地よい空間。Wi-Fi完備で電源も多く配置されているので、PC作業をしながらコーヒーを楽しむ方も多くみられます。

コーヒーメニューを中心に、プリンやティラミスといったスイーツと、アボカドトーストやクロックムッシュなどパン系の軽い軽食が人気。

特に天気の良い日がおすすめで、ロースターから届くスペシャルティコーヒーとともにシンプルスイーツをテラスで食べると、格別のおいしさです。

ハンドメイドプリン

Photo by you_sweets_lab

550円(各税込み)
アサイーボウルやティラミスも人気ですが、やっぱりおすすめは「ハンドメイドプリン(HAND MADE PUDDING)」。なんといっても食感がぷるぷるっ!スプーンを入れるとぷるるんっと揺れるところが、なんとも食欲をそそります。

卵のコクが強く、乳味感が強すぎないタイプ。とろとろの生クリームがミルキー感をプラスし、ビターなカラメルが味に深みを出します。

トッピングの炒ったダイスナッツの香ばしさがアクセントとなり、コーヒーとベストマッチ!これを目当てに訪れる方が多いのも頷けます。
店舗情報
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ