電気ケトルを徹底洗浄!重曹とクエン酸を使ったお掃除方法

今回は、ほとんどのご家庭にあるであろう、電気ケトルを重曹やクエン酸を使ってきれいにするお掃除方法をご紹介します。便利ですが、電気ケトルって放っておくと底にほうに水垢がついてしまいますよね。内側と外側に分けてご紹介するので、気になる箇所をきれいにしましょう!

2017年12月27日 更新

注ぎ口の汚れは?

注ぎ口に付着する汚れも内側同様アルカリ性なので、クエン酸での掃除が効果的です。別途で掃除する必要はなく、電気ケトルのなかをクエン酸で掃除する際に、注ぎ口を通して水を捨てれば、注ぎ口のお掃除にもなりますよ。

外側の汚れは重曹で!電気ケトルのお掃除方法と準備する物

軽い汚れであれば、よくしぼった布巾で拭き取ることができます。しかし、キッチンなどでの使用頻度が高い電気ケトルだと、油汚れが飛び跳ねている可能性があります。そのような場合は、重曹が効果的です。

準備するもの

・重曹……大さじ2杯(約30g)
・洗面器
・使わなくなった歯ブラシ
・ゴム手袋
・ふきん2枚

お掃除の手順

1. 洗面器のなかにぬるま湯をためて、重曹大さじ2杯を加えます。

2. 洗面器のなかの重曹をかき混ぜて溶かします。※重曹で肌が荒れる可能性があるので、ゴム手袋をはめることをおすすめします

3. 重曹を溶かしたお湯にふきんを浸してかたく絞り、ポットの外側の汚れを拭き取ります。※細かい部分は歯ブラシを使うと便利ですよ。

電気ケトルの掃除に使えるアイテム選

1. 電気ケトル洗浄中

こちらは、電気ケトルの内側の掃除で使うクエン酸(15g)が個包装で3袋入った商品です。封を切ったら入れるだけなので、計量する手間が省けるので便利ですよ♪ できるだけ面倒を減らしたい方にはおすすめです。

2. 暮らしのクエン酸

こちらも、電気ケトルの内側の掃除に使えるクエン酸です。330gとたっぷり入っていて、うえの商品が掃除3回分なのに対して、こちらは約22回分。使いきれない場合は電気ケトル以外にも、水回りや家電の洗浄などにも使えますよ。
2 / 3
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

BBC

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう