ドリップを極めて絶品に♩コーヒー用ケトルおすすめ11選&選び方

おいしいコーヒーをドリップしたいときの必需品、コーヒーケトルをみなさん持っていますか?本当においしいコーヒーを淹れたいなら、豆や水だけでなく、道具にもこだわりたいもの。そのなかでもっとも重要な道具、おすすめのケトルをご紹介します。

コーヒードリップ用のケトル、持ってる?

みなさんは、コーヒードリップ用のケトルを使っていますか?
コーヒー好きの方なら、自分好みのコーヒーの濃さや味があるはず。そのこだわりを追求するなら、コーヒーケトルにこだわることは常識ですよね。

しかし、ひと口にコーヒーケトルといっても、とてもたくさんの種類があることをみなさんはご存知ですか?カフェで使われてるケトルや、プロが愛用するケトル。種類も値段もさまざまです。

今回は、数ある商品のなかから、本当におすすめしたいコーヒーケトルをご紹介いたします。

自分に合ったコーヒーケトルを選ぶポイント

注ぎ口の細さ

コーヒーケトルは、注ぎ口が細いものを選ぶことがもっとも重要といわれています。プロのドリップを見れば分かりますが、一定の量をまんべんなく、コーヒーにお湯を注ぐことがおいしさの秘訣だからです。

注ぎ口が細く、出るお湯の量を細かく調整できるコーヒーケトルなら、家にいながらでもプロの味に近づけることができそうですね。

ケトルの重さや容量

おいしいコーヒーをドリップするためには、ゆっくりと時間をかけて淹れることも大切です。なので、ケトルが重すぎては自然と安定したドリップを保てなくなります。また、いつも1~2人分淹れるだけなら、そんなに大きなものを選ぶ必要はありません。自分に合った容量、重さを選ぶことがポイントです。

直火やIHに対応しているか

直火やIHに対応していると、やかんと同じ感覚でお湯を沸かして、そのままコーヒーをドリップできるという利点がある反面、沸騰したてのお湯で、コーヒーに苦味が出てしまうという欠点があります。

もちろんそれは好みによるものですが、よりまろやかなコーヒーがお好みなら、ポットややかんで沸かしたお湯をコーヒーケトルに移してからドリップすることがおすすめです。

本格ドリップを堪能♩おすすめのコーヒーケトル11選

1.あらゆる電熱に対応「HARIO(ハリオ)V60ドリップケトル ヴォーノ」

IH200V・100Vにも対応した、細口で注ぎやすい「HARIO(ハリオ)V60ドリップケトル ヴォーノ」。ガスコンロ、エンクロヒータ、ラジエントヒータ、ハロゲンヒータ、シーズヒータなど、あらゆる電熱に対応しています。

ぽこぽことしたデザインがかわいく、場所を選ばない使い勝手の良いケトルです。
【1.0L仕様】
■サイズ:幅29.5×奥行き14.4×高さ13cm(口径77)
■容量:[満水容量] 1.0L、[適正容量] 0.6L
■材質:[本体] ステンレス鋼、[取っ手・ツマミ] フェノール樹脂
■備考:IH・直火OK
■楽天価格:2,780円(税込)
【1.2L仕様】
■サイズ:幅24.4×奥行き19×高さ20.5cm(口径77)
■容量:[満水容量] 1.2L、[適正容量] 0.8L
■材質:[本体] ステンレス鋼、[取っ手・ツマミ] フェノール樹脂
■備考:IH・直火OK
■楽天価格:2,980円(税込)

2.老舗の品質「Kalita(カリタ)細口ポット」

約60年前に創業したコーヒー機器メーカー「Kalita(カリタ)」の細口ポット。注ぎ口はお湯の切れがよく、フタはきっちりと閉まり落ちにくいようにデザインされています。家庭でもプロの味を再現しやすい二重取っ手デザインは、持ちやすく安定して注ぐことができますよ。
【0.7L仕様】
■サイズ:[底径] 8.5cm、[個装サイズ] 20×10.5×17.5cm
■容量:700ml
■重量:450g
■材質:18-8ステンレス
■備考:IH・直火OK、食洗機NG
■楽天価格:5,940円(税込)

特集

SPECIAL CONTENTS