連載

二度寝を愛するすべての人へ。冬の朝のコーヒータイムに「温度計付き電気ケトル」を。

寒い冬の朝、布団から出たくない自分を奮い立たせてくれるのは一杯のコーヒーですね。1日の最初に飲むものだからこそ、細部までこだわりたい。そんな人にぴったりな温度計付き電気ケトルを、家電女子・雪島さら紗がつまみぐいしました。

温度計付き電気ケトルはコーヒー好き必見の品

デバイスタイルの温度計付き電気ケトル「KA-800C」と雪島さら紗

Photo by macaroni

皆さん、朝は強い方ですか?私はぜんぜんダメで、できるだけ長く布団の中にいられたらと毎日考えてしまいます。でも、そんな朝こそガバッと起きて、お湯を沸かしてお気に入りのコーヒーを淹れるようにしているんです。

そんな朝の一杯をもっとこだわったものにしたいなぁ、と考えていたら、とっても気になる商品を見つけてしまいました。
というわけで、実演販売士で、役者でもある家電女子、雪島さら紗が話題のキッチン家電レビュー第2弾は、

デバイスタイル「グースネック式電気ケトル KA-800C」8,100円(税込)。
今回もしっかりつまみぐいします。

ひと目ぼれ必至のホーロー&木目調

ナチュラル系の素敵女子のおうちにありそうなあたたかみのあるデザイン!

Photo by macaroni

こちらが「KA-800C」。いい意味で家電っぽくない温かみのあるデザインですね。

全体は白色のホーロー調で、把手の部分が木目調。電気ケトルは実用性重視で選ぶことが多かったので、こんなにオシャレなものを使うのは初めてです。
湯量をコントロールしやすいグースネックを採用。

Photo by macaroni

注ぎ口の形状は、湯量をコントロールしやすいグースネック式。コーヒーのハンドドリップに使うならやっぱりこのカタチですよね。お湯が一気にドバっと出る心配が少ないので、お茶を淹れる時やインスタント食品にお湯を注ぐ時も使いやすくて便利です。
ふたの取っ手にアナログ式の温度計!

Photo by macaroni

そして、この商品一番の特徴であるアナログ式の温度計。これで淹れ頃の温度を確認してからドリップすれば、いつものコーヒーだってひと味違ったものになるはず。

「KA-800C」でコーヒーを淹れてみた

スイッチON!

Photo by macaroni

それではここから実践!「KA-800C」の販売元であるデバイスタイルの宇賀さんにおいしいコーヒーを淹れる方法を教えてもらったので、手順どおり使ってみることにします。

まずはケトルの中に水を入れます。本体が軽いので、たっぷり入れてもそこまで重たい感じはなし。女子にもやさしい電気ケトルです。

電源ベースにケトルをのせ、把手の下にあるスイッチを下げて加熱スタート。
スイッチオン!でランプが赤く点灯します。

Photo by macaroni

電源を入れるとロゴ下のランプが点灯します。まるで炎みたいなオレンジ色。
お湯が沸きました!温度計を見ると、きっかり100度!

Photo by macaroni

待つこと4分ほど。カチッと音がしてスイッチが上がり、お湯が沸きました。温度計を見るときっかり100度。

「KA-800C」は800cc満水時でも沸騰までの時間は4分〜4分30秒程度と、驚きの早さ!すぐに沸いてくれるから、忙しい朝も便利ですね。

いよいよコーヒーを淹れます

95度まで下がりました!

Photo by macaroni

ここからが「KA-800C」の本領発揮。コーヒーのドリップに最適な温度は90~95度なんです。今まではお湯が沸いたらそのまま注いでいましたが、今回は温度計を見ながら待ってみました。

ほどなくして、コーヒーの淹れ頃の温度、95度に。では、いよいよ「KA-800C」でハンドドリップ開始です。
まずは蒸らし。豆全体がしっとりする程度にお湯をかけ、20秒待ちます。

Photo by macaroni

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

sarasa

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう